製造業見本市「METALEX」にスマート・マテリアルゾーン新設

2019.11.01
METALEXにスマート・マテリアルゾーン登場
11月20日から23日までバンコク国際貿易展示場(BITEC)で東南アジア最大級の製造業の見本市「METALEX 2019」が開催される。今回の展示会では、新たな目玉としてSmart Material(スマート・マテリアル)ゾーンが新設される。
スマート・マテリアルとは、材料自身が外部の状況、環境を感知し、適切な対応を行う最先端の機能材料。電圧を与えると伸びたり縮んだりする圧電材料や、傷がついても材料自身が自発的に気づき、修復する自己修復材料などが挙げられる。
今回はアルミを中心とした展示となる予定。また、期間中には金属工学の専門家らを招いたセミナー「第8回 METALLURGY FORUM」(同21日13:00~)も開催される。
事前の入場申し込みなどは公式HP(https://www.metalex.co.th/)より可能となっている。
METALEXで金属工学に関するセミナー開催

gototop