当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

Deloitte ストーリーで学ぶM&Aの基礎

事業成長とM&Aの関係性

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      まず本稿では、「事業成長とM&Aの関係性」について取り上げていきたい。M&Aは中期経営計画の1項目として掲げられることがあり「戦略」として取り上げられることもあると思うが、戦略というよりもあくまで何かしらの目標を達成するための「手段」であると考えている。

      例えば「売上を××億円伸ばしていきたい」という目標があるのであれば、そのためにどのような事業において何を新たに始めていくかを考えるべきであり、その後に「手段としてM&Aの検討」というものが来るべきだと考えている。しかしながら、実際の手順などは意外に語られる機会が少ないので、本稿で整理していきたい。

      ここで事業成長を「売上成長」と捉えるのであれば、図1のようなステップを取ることが想定される。

      事業成長の考え方の全体像

      この回では、①フレームワークなどを使って成長のためのオプションを検討する ②オプションに優先順位をつける について考えていきたい。

      フレームワークを使った考え方

      ここでは、前述の通り事業成長を売上の成長と捉えて進める。まずはどのような方向性を取るべきなのか、仮説を考えることが重要である。ブレインストーミングのようにまず自由にアイデア出しを行っていくのも1つの手ではあると思うが、フレームワークを使った方法もあるのでここでご紹介したい。

      様々なフレームワークがあるが、図表2のように商品およびチャネルの新規/既存をマトリックスにして事業成長を考える例をここでは取り上げたいと思う。

      事業成長の考え方の全体像

      商品/チャネルについて新規および既存を横に並べ、マトリックスを作る。それぞれのマス目で何ができそうかということを検討する。

      1. チャネル開拓 :同じ製品の新市場への展開
      2. 多角化 :新たなチャネルで新たな商品を販売する。既存事業からのシナジーが期待できないため、相対的にリスクが高い
      3. 市場浸透 :既存市場内でのシェアの拡大による成長
      4. 製品開発 :販売、投資、経営管理のシナジーの活用

      水産加工業者の例

      ここで水産加工品の製造及び販売を行う企業の例を見てみよう。エビのすり身を主にスーパー向けに提供している企業を例に出すと、図表3のようになる。

      水産加工業者の例から見る事業成長の考え方ステップ

      Aチャネル[既存]×商品[既存]では、現在のスーパーの水産加工品市場でシェアを高めていくことを考える。

      Bチャネル[新規]×商品[既存]では、まだ開拓できていないコンビニ向けの市場を開拓するなどが挙げられる。

      Cチャネル[既存]×商品[新規]でいえば、すでに展開しているスーパーで需要が拡大しそうな商品を取り扱うことが考えられる。また、

      Dチャネル[新規]×商品[新規]は基本的には難しいことが多いが、例えば在庫管理で使っているシステムを外販するといったようなことが考えられる。

      オプションの優先順位付けの例

      アイデアが色々とあったとしても、もちろん全てを実行するのは難しいため、優先順位を付けていく必要がある。優先順位付けを行うには外部環境の調査を行うことが有効であると想定される。

      優先順位付けには様々な方法があると思うが、例えば図表3の通り「市場・顧客」「競合・参入障壁」といったような項目を調査することが考えられる。例えば図表4のような結果が得られれば、Bチャネル[新規]×商品[既存]といった方向性が良いのではということになる。

      調査結果を元に取るべきアクションの例

      これは非常に単純な例ではあるが、調査結果を単に羅列するのではなく、そこから何が言えるのかを踏まえて、取るべきアクションを考えるのが望ましい。

      もちろん実際には、このような新たな取り組みのための調査に時間や費用をかけることが難しいことも往々にしてあり得る。しかし、この例でいえばスーパーの関係者や仕入れ業者へのヒアリング、SNSの口コミ調査など、時間や費用をそれほどかけずに自身が立てた仮説を検証していく方法もある。(実際に我々が市場調査を行う際もそのような手段を通じて仮説の検証などを行っていくケースもある)。

      ここまでは優先順位付けの話まで行ってきた。次回はオプションの実行にあたり不足する経営資源は何か、またそれをどのように補っていく手段があるのかといった点について解説をしていきたい。

      ※本文中の意見や見解に関わる部分は私見であることをお断りする

      寄稿者プロフィール
      • 谷口 純平 Jumpei Taniguchi プロフィール写真
      • Deloitte Touche Tohmatsu Jaiyos Advisory Co., Ltd.
        Financial Advisory Services / Manager谷口 純平 Jumpei Taniguchi

        Deloitte入社以来、一貫してM&A・事業戦略をテーマに活動。特に各関係者の調整やスピード感を持ったプロジェクト推進で高い評価を得ている。主な実績は、大手ファンド向けBDDと事業戦略検討。総合商社のクロスボーダーM&AのPMIリードなど。2020〜22年8月タイ駐在。同年9月〜シンガポールに赴任。

        TEL:+65 (0) 8-763-6373
        E-mail: jumtaniguchi@deloitte.com


      • 柴 洋平 Yohei Shiba プロフィール写真
      • Deloitte Touche Tohmatsu Jaiyos Advisory Co., Ltd.
        Financial Advisory / Manager
        柴 洋平 Yohei Shiba

        大手生命保険会社、大手電機メーカーを経てDeloitte入社。M&A関連や事業戦略策定、マーケティング支援などのプロジェクトに従事。入社以来、金融・テクノロジー・ライフサイエンス・消費財・電力など幅広い業種における支援をリード。22年8月からバンコクに赴任、特にPre M&AやPMIに力を入れて活動中。

        TEL:+66 (0) 6-3079-4893
        E-mail: yohshiba@deloitte.com


      Deloitte Touche Tohmatsu Jaiyos Advisory Co., Ltd.<Financial Advisory>

      Deloitteは会計・財務・税務・M&A等のサービスを世界各国で行うプロフェッショナルグループの一つであり、 主にタイの日系企業様向けにM&Aやリストラクチャリング/再編に関わるサービス提供を行っております。

      AIA Sathorn Tower, 23rd – 27th, Floor11/1 South Sathorn Rd. Yannawa, Sathron, Bangkok 10120

      https://www2.deloitte.com/jp/ja.html?icid=site_selector_jp

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
            タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
          2. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          3. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          4. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
            なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
          5. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          6. タイの歴史の振り返りと未来展望
            タイの歴史の振り返りと未来展望
          7. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
          8. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
            タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
          9. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
            SMG(サイアム・モーターズ・グループ)

          閉じる