当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

GLOBAL SUPPORT

今、押さえておきたいタイ在住者の資産運用

タイ在住・駐在中に資産運用をしたいが、日本の金融サービスを利用した資産運用には制限がありどのような方法があるのか?悩まれている方も多いと思います。
タイにいるからこそできる資産運用について在タイ日本人を対象とした資産運用のサポートを手掛けるGLOBAL SUPPORT(THAILAND)の久米直也代表に話を聞いた。

Q. タイ在住中の資産運用におけるメリットを教えてください

タイを含めた海外在住者は、日本のつみたてNISAなど優れた制度を海外在住時には新たに投資をすることができませんが、日本在住者では契約に制限のある海外の貯蓄型生命保険で資産運用ができる点は大きなメリットと言えるでしょう。

なかでも、カナダ系の大手保険会社サンライフ香港が販売している新しい米ドル建て貯蓄型保険「SunJoyは日本で販売されている米ドル建て保険より利回りが高く、支払い・受け取り共に日本、タイのどちらからでもできるなど海外在住の日本人にとってのメリットが多くあります。

保険料は50,000USD、100,000USDなど、まとまった資金でご契約をすることもできますし、月々250USD(約8,700THB)、積立期間も5年間などから始めることもできます。

海外在住の日本人の方から日々数多くのお問い合わせとご契約を承っております。

【サンライフ社 SunJoyの商品内容はこちら】


GLOBAL SUPPORT(THAILAND)の久米直也代表(右)

ただ、香港貯蓄型保険がすべてのお客さまにおすすめというわけではありません。ここで確認しておきたいのがそれぞれの商品には、それぞれに価値があるということ。

お客さまの資産や目的、将来的なプランなどによって最適な資産運用の方法というのは異なります。GLOBAL SUPPORT(THAILAND)が考える資産運用は、本業により集中するための補完です。

そのための手段の一つとして、日本やタイの預金口座に置いたままの資金を活用した香港の貯蓄型生命保険をご提案させていただいています。

Q.香港貯蓄型保険の特徴とリスクを教えてください。

香港貯蓄型保険は投資タイミングを気にすることなく、運用期間の長さを活用して複利で資産を増やすことができます。
選択する保険会社によってはチャイナリスクの回避、日本帰国後も配偶者や子どもへと名義を変更して代々の資産として継承をすることもできます。

さらに税金を正しく理解すると香港貯蓄型保険だからこそできるメリットを最大限に活かすことができます。
老後に安定した年金を準備することで、お金のために働くリスクを軽減できると思います。

香港貯蓄型保険のリスクは商品によっても異なりますが、5年以内などの短期で解約した場合に元本割れを起こします。
従って、無理のない保険料で契約をすることをお勧めします。

機関投資家である保険会社は10年を超える安定資産を契約者へ提供するために超長期の債券や流動性の高い株式で運用を行います。

日本の貯蓄型保険や投資信託などと仕組みが異なりますので、商品の内容だけでなくリスクについてもあらかじめ正しく理解をすることをお勧めしています。

香港貯蓄型保険のよくある質問はこちら

Q.タイで資産運用を始める人に何か傾向はあるのでしょうか?

大きく分けて2通りです。

1つは、日本に住んでいる間にオンライン上で弊社の存在を知り、お問合せをいただく方。最近はタイへ移住を検討している方からのご相談も増えてきました。

もう1つは、日本への帰任や他の国へのスライドが決まって駆け込みでお問い合わせをいただく方です。会社の同僚やご友人などがすでに資産運用を始めていて、いつか自分も問い合わせをしようと考えていたところ帰任命令が出て、慌てて弊社にご連絡いただくといったケースは非常に多いです。

Q. 新規のお問い合わせが毎年増え続けていると伺いましたが、そのきっかけは?

弊社はタイ在住・移住者の資産運用の困りごとを解決することを目的にYouTubeやブログなどで情報をお届けしています。

個別相談はタイにお住まいの方がやはり多いですが、最近は世界中からお問い合わせをいただくようになりました。
時間を割いてまで資産運用の個別相談をいただけることを本当に嬉しく思います。

また、海外在住者の資産運用の解決策などを公式LINEにてお届けしています。
公式LINEでは資産運用の情報のほかに経済について学ぶことができるコンテンツなどをお届けしています。

■Global Support Thailand公式LINE

GLOBAL SUPPORTとは

2006年に香港で設立。日本では香港貯蓄型保険をご契約した後の各種手続きのサポートを目的としたGSサポートデスクを設置。現在は上海、バンコク、ジャカルタに拠点を構えている。

YOUTUBEチャンネル【タイ在住・移住者向け資産運用チャンネル】公開中

老後に向けて資産運用を考えたい、将来の年金に不安があるなど
個別無料相談実施中(土日祝日・オンラインも可能)
予約はこちらから
HP:https://globalsupportthailand.com/freesoudan/
E-mail:kume@globalsupportlimited.com
Tel:088-187-1036


相談時にご要望いただいたお客さまには仮の予算を基にしたサンプルの設計書をお送りいたします。それ以外に、こちらからご連絡することはありません。疑問点などをご質問をいただいた場合はすぐに回答をいたします。契約前にはご家族などとよくご相談いただきたいと思います。
契約の際は弊社の香港オフィスのスタッフとZOOMで結び意向確認を行います。その後、契約書類にサインをしていただきます。契約後は弊社の契約者専用ホームページや保険会社のHP、アプリなどで契約状況を確認することができます。弊社の契約者専用HPでは各種お手続きのお問い合わせを受け付けているほか、経済教育のセミナー動画なども公開しており、より資産運用に対する知識を深めていただくことができます(久米代表)。

人気記事

  1. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
    Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
  2. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
    タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
  3. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
    ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
  4. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
    2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
  5. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
    なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
  6. タイのEV充電ステーションの方向性
    タイのEV充電ステーションの方向性
  7. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
    タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
  8. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
    タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
  9. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
    SMG(サイアム・モーターズ・グループ)

閉じる