当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

多様化するタイ社会のリスク・ニーズに挑む

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      Siam Cosmos Services Co., Ltd.

      左から
      Deputy Managing Director 宮本 憲 氏
      Manager 江尻 佳孝 氏
      Direct Broking Division 大森 雅人 氏

      15th Floor, Two Pacific Place Building, Room No. 1502, 1503, 142 Sukhumvit Road, Kwaeng Klongtoey, Khet Klongtoey, Bangkok 10110
      日本人窓口:inquiry_jp@siamcosmos.co.th

      タイにおける事業展開や生活上のリスクへの備えとして必須となる保険。1990年に伊藤忠商事系列の企業としてタイで設立されたのが保険ブローカー(仲介会社)のSiam Cosmos Services Co., Ltd.だ。2011年にタイを襲った未曾有の大洪水では、豊富な経験に裏付けられた交渉力と現場力により多くの企業の早期復旧を下支えした。近年はBtoB領域のみならず、バイク保険・家電延長保証といったBtoBtoCや、ペット保険に代表されるBtoC領域への展開を加速させており、業界のリーディングカンパニーとして更なる存在感を高めている。

      保険の『入口』から『出口』まで

      「保険ブローカーは、お客様の代理人です。保険契約時の『入口』から、事故や損害が生じた際の保険金支払、すなわち『出口』までのサービスを一気通貫で提供することが弊社の使命」とDeputy Managing Directorの宮本氏は説く。

      『入口』では、顧客が抱えるリスクに基づく適切な補償の設計、保険会社の選定・交渉を経て、リーズナブルな保険料を提供するとともに、契約内容を分かりやすく正確に伝える。

      一方の『出口』では、顧客に寄り添い、早期且つ適切な保険金支払いを実現するため、交渉代理人として保険会社との折衝を行う。2011年の大洪水時、多くの企業が事業休止を余儀なくされ、資金繰りが喫緊の課題となる中、宮本氏を筆頭にスタッフ総動員で水没する現地に赴き、損害調査に奔走。現場のひっ迫した被害状況を伝える熱量のこもった交渉により、保険会社から早期の保険金支払いを実現し、罹災企業の窮地を救った。 変革を続ける同社の経営  前述のように、同社ではBtoBの保険サービスを主軸として取り扱ってきた。しかし、タイの経済発展に伴う生活様式の変化や、劇的に移り変わる事業環境を受け、同社の事業にも変化が見られる。

      タイで国民生活の足となる二輪車に対する保険や、家電やIT機器を対象とした延長保証は、法人パートナーとのBtoBtoCスキームを通じて20年来手掛け、事業の大きな柱に成長した。2020年にはペット保険の販売を開始して、BtoC領域にも進出。これらの保険は今では業界トップクラスのシェアを誇るが、特にペット保険はコロナ禍の巣籠もり需要を見事に汲み取った事例である。

      また、企業向けの損害保険においては、いわゆる「倒産保険」とも呼ばれる取引信用保険の取り扱いにも益々注力する。取引先の倒産や長期不払いなど債権の焦げ付きを対象とした保険だ。「企業における優先課題の一つは取引におけるリスクヘッジだが、リスク無くして企業の成長はあり得ない。取引信用保険は、不透明な経済下での貸倒リスクをヘッジするとともに、専門の保険会社の機能を活用した取引先の与信判断の手法としても重宝されている」とManagerの江尻氏は語る。ここ2~3年は、タイのローカル企業からの照会も増えているという。

      発揮するマーケットインの視点

      Deputy Managing Director 宮本 憲 氏

      生活や人に対する保険に目を向けてみると、WHOの統計では、2000年からの20年でタイの一人当たり医療費が毎年平均約8.8%上昇、つまり約5倍となったことを示している。

      同社では、「タイで働く日本人の安心安全を提供する必要がある」と、医療費インフレが続く2005年に、Bangkok Life Assurance社と共同で、いち早く日本人向けの団体医療保険「Japanese Medical」の販売を開始した。通院・入院はもちろんのこと、歯科治療や理学療法を含む日本人のニーズを網羅的にカバーする保険だ(下部参照)。法人契約に限定することで、リーズナブル且つ安定した保険料の提供を実現している。 団体医療保険を担当する大森氏は、「近年では物価インフレや、情報収集が容易になったことを受け、職選択において福利厚生や働きやすさを重視する傾向が強まっている。人材確保・定着率向上の観点から、人事戦略の重要な要素として、タイ人従業員向け団体医療保険の採用や拡充が加速している」と語り、この領域に注力する。

      時代を反映する保険ブローカービジネス

      1997年のアジア通貨危機、2008年のリーマン・ショック、2011年のタイ大洪水と、同社が歩んできたこの約30年の間に、タイ経済はいくつもの危機を乗り越えてきた。「そのたびに必要性が見直され、成長を続けてきたのが保険ブローカー業の市場だったのではないか」と宮本氏は振り返る。一方で、企業としての成長戦略から、BtoB以外の領域への展開と見直しを続けてきた結果が、現在の事業ラインナップであり、同社が業界のリーディングカンパニーたる所以ではないだろうか。

      進出当初は日系企業が取引の中心であった。その根幹が揺らぐことはないものの、日系に限らずタイで活躍するすべての企業と人々のサポートを使命に、非日系企業との取引は今では4割にも及ぶ。時代とともに変革を続ける同社の更なる挑戦に注目したい。

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
            タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
          2. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          3. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          4. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
            なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
          5. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          6. タイの歴史の振り返りと未来展望
            タイの歴史の振り返りと未来展望
          7. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
            タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
          8. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
          9. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
            SMG(サイアム・モーターズ・グループ)

          広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

          広告枠、料金など詳しい情報は
          専用ページをご覧ください。

          広告掲載についてページを見る

          お電話でのお問い合わせ+66-(0)2-392-3288

          タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

          閉じる