当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

あの人のターニングポイント

プロサッカー選手 丸岡 満

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      丸岡 満 MITSURU MARUOKA

      BG Pathum United 所属  1996年生まれ、徳島県出身。Jリーグ、セレッソ大阪のU-18を経て2014年にドイツの強豪ドルトムントに期限付き移籍。16年から再びセレッソ大阪でプレーし、Jリーグ2部のVファーレン長崎やレノファ山口への期限付き移籍などを経て、20年からタイのBGパトゥムユナイテッドに加入。


      タイに移籍することになった経緯を教えてください

      2019年にセレッソ大阪との契約が終わる頃、次は日本ではなく海外、その中でもアジアでプレーしようと決めていました。新たな気持ちでサッカーをやろうと思いましたし、それができなければサッカーを辞めようとも考えていました。

      今までサッカー選手として、どこへ行ってもチャレンジしてきたつもりです。セレッソ大阪の下部組織に入ったのも、ドイツに移籍したのも、2部のVファーレン長崎やレノファ山口でプレーしたのもすべて自分にとって挑戦でした。

      実は、去年の1月に中国のチームの練習に参加し、ほぼ契約が決まりかけていましたが、新型コロナウイルスで開幕が延期などして6月頃に話がなくなってしまいました。でも、その直後にBGパトゥムユナイテッドの話が来ました。

       

      コロナ禍で1月の試合がすべて延期されましたが、どう捉えましたか

      中断は仕方がないことですし、僕自身は前向きに捉えました。去年の9月に加入した時、リーグ戦が既に始まっていました。試合に出場する選手は他の選手と別メニューの練習になることが多かったのですが、中断期間中はチームの皆と一緒に練習ができ、各選手の特徴などをより知ることができました。

       

      チームの印象を教えてください

      Jリーグでプレーしていた選手もいて、一人ひとりの選手の意識が高いです。外国人だけでなくタイ人選手の質がすごく優れています。  守備がしっかりしていて、ボールを奪った後は3人、4人、5人と攻め上がっていくなど、試合の終盤でも皆がしっかりと走ることができます。

       

      出場権を得たAFCチャンピオンズリーグ※1への思いを教えてください

      アジアの強豪と対戦できる素晴らしい機会ですし、チームとしても個人としても、どれだけ力が通用するのか試すことができる最高の舞台だと思います。

      ただ、本音としては日本のチームと試合をしたかったです。特に古巣のセレッソ大阪が対戦相手になることがこれまでありませんでした。自分が育ててもらったクラブでもあり、自分の成長を見せる絶好の機会なので、ぜひ対戦したかったです。

       

      これまでで一番辛かった経験は 何でしょうか?

      小学校6年生の時に県の選抜チームに選ばれたのですが、その時の評価がチームでも下の方でショックを受けました。

      それまで自分の技術には自信があったのですが、ただ自分がやりたいプレーをしていました。そこから、どんなプレーをすれば監督やコーチに評価されるのかを考えるようになり、考え方が変わりました。

       

      今後の目標や夢を教えてください

      個人としての目標は1点目を取ることです。そして、チームとしてはリーグ戦の優勝が目標です※2。

      この先もアジアでサッカーを続けたいです。それがタイかどこか分かりませんが、今の時点では日本でプレーする気はありません。周りに捉われず、自分の中でワクワクするような挑戦をしていきたいです。

      ※1 アジア各国の強豪計40チームが出場してアジアNo.1を決める大会。BGパトゥムユナイテッドはグループステージで韓国やベトナムのチームと同組。セレッソ大阪も別組ながらプレーオフから出場
      ※2 取材時点

      \こちらも合わせて読みたい/

      ASEAN BUSINESS PERSON

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
            タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
          2. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          3. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
          4. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          5. タイのEV充電ステーションの方向性
            タイのEV充電ステーションの方向性
          6. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
            SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
          7. 【シンガポール】シンガポール、生活費が世界一=大衆車で1500万円、駐在員もつらいよ
            【シンガポール】シンガポール、生活費が世界一=大衆車で1500万円、駐在員もつらいよ
          8. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
            タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
          9. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
            なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?

          閉じる