ブック 2015.02月号

Book Review 社長が紹介する、一冊  TalentEx (Thailand) Co., Ltd. 越 陽二郎

book koshi
TalentEx (Thailand) Co., Ltd.
Founder & CEO 越 陽二郎

NGOのボランティアで学生時代に初めて来タイ。大学卒業後は日本能率協会コンサルティングで経営コンサルティングに従事。その後、KDDIグループ会社在籍時に海外事業の起ち上げを経験し2013年4月に独立・起業、現在に至る。
TalentEx (Thailand) Co., Ltd.
10/174 The Trendy Building 22nd Floor, Room 2201C,
Sukhumvit Soi 13 (Saengchan), Klongtoey-Nua, Wattana,
Bangkok 10110 02-168-7473

『ハーバードからの贈り物』デイジー・ウェイドマン著/幾島幸子著 ダイヤモンド社 467B

book

リーダーとして、いかに良い人生を築くか 名門ビジネススクール教授による訓話集

ハーバード・ビジネススクールには学期末の最終講義で、教授が自らのエピソードを交えながら、リーダーとして巣立っていく学生へ訓話となるスピーチを贈る伝統があるという。自身も同校の卒業生である著者が15篇のエピソードをまとめたのが本書だ。
紹介くださったTalentExの越社長と本書との出会いは学生時代まで遡る。
「当時は『これから社会へ出るにあたっての参考になれば』という視点で読みましたが、起業した今は、社会人として『忘れてはいけないこと』が刻まれている本です。なかでも印象的なのが“まずい食事と真実”というエピソード。役職や収入など、人は昇進すると色々なものが手に入るが、2つ手に入らなくなるものがある。それがまずい食事と真実だ、という話です。いくら偉くなっても、その人自身が人間として変わることはありませんが、社内の、特に部下から見られる目は変わり、反論や悪いニュースといった真実が耳に入らなくなるかもしれないという意識が必要になります。私もタイで起業したからには、日本以上に努力して現地スタッフと向き合わなければならないと感じています」。
NGOでの活動経験から、ボランティア支援とは異なる方法でタイの発展に貢献したいと思いを温めていた越社長。会社員時代を経て、2013年にソーシャルリクルートのビジネスを起ち上げた。
「海外での採用はスキルありき。将来は学習機会が得られない、社会的に弱い立場の層へ向けた支援も行っていきたいです」。

book

book

gototop