法務・会計・税務 2015.06月号

【連載】LAMTIP PARTNERSの簡単!タイでの“かいけい” 

lamtip partner

今回のキーワード 『経理』การบัญชี(ガーンバンチー)

経理のことをタイ語で「ガーンバンチー」といいます。
人材派遣会社の方から、タイでは昔からずっと経理人材不足だと聞いています。それが優秀な経理人材となると、もうほとんどいないと。現場で会計の仕事をしている私からすれば納得がいきます。そもそも日本人と比べて、タイ人は数字の苦手な人が多いのではという印象を受けます。当社では面接時に簡単な計算や数字遊びのようなテストを出しているのですが、過去に経理人材より圧倒的に高い結果を出した通訳人材も数名いたほどです。確かに通訳人材は比較的地頭がいい方が多いですが、これが現実かと受けざるを得ない状況です。
経理人材の給与に関しては、月給2万バーツ台ではあまり役に立たない、3万バーツを超えないといい人材はいないと言われることが多く、私自身もそう思っていました。しかしながら、最近では給与水準の上昇もあってか、当社面接時および他社さんの面接同席時において、数字力、会計税務の知識が大きく疑われる経理人材でも3万バーツ以上を希望するケースが増えている印象です。特に経験が社内の税務業務中心という人材が多く、会計知識が乏しいです。また、人材によっては会計業務(BSやPLの整合性)を、そもそも一般的な経理人材の仕事と思っていない方がいて驚きます。
タイの経理は日本よりも煩雑で面倒です。中途半端な知識では当然ながらミスが起こり兼ねません。税務申告でもミスが多いとペナルティーが発生しますし、明らかにBSやPLの整合性が取れていないものがそのまま会計レポートとして出てしまいます。このあたりは、一般企業だけでなく、会計事務所も頭を悩ませている問題です。
ここで、私が知っている経理人材が絡みのトラブルをいくつかご紹介します。

事例① 売上金が抜かれていた

個人や法人相手に数多くの商品を販売する会社では、現金売上と売掛が混在します。本当は現金売上なのに、日本人社長には「売掛です。後日入金があります」と報告。その手口で相当な金額が抜かれており、発覚した時には既に退職していたというケース。
日本人社長が売掛金のチェックをしていないことを、当然知っていての犯行です。余談ですが、後日その犯人が捕まった際、日本人社長はほかのタイ人スタッフ全員から、「彼は生活が大変で仕方なくこのようなことしてしまったので、警察には言わないでほしい」と懇願されたそう。タイ人はやはりタイ人の味方ということでしょうか。

事例② 退職金を自分の判断で支給していた

これは不正ではないのですが、過去の退職者には現地社長が事前に退職金に関する内規をもとに退職金を算出し、経理スタッフにその額を伝え支給していたのに、経理スタッフ自身が退職の際、自分で勝手に計算し、最終月の給与額に含め支給していたというケースです。
現地社長から今回の退職金に関する支給額について私に相談があったのですが、給与申告が前月より大幅に高いことに気付き、恐らくもう支給されているであろうことを現地社長に伝えました。現地社長としては、長年の功労者として通常の退職金よりも多く支給することを考えていたそうで、最後の最後で相談もなく勝手に支給されていたことに大きくショックを受けていました。
しかしながら、その月の給与一覧表にも、給与総額の支払小切手にも現地社長のサインはしっかり入っていたことが発覚し、その時点で気付くべきだったというのが結論です。
このほかにも、〝勤務時間中に他社の経理の仕事(アルバイト)をしていた〞などの事例がありました。
どれも共通している原因は、日本人社長全員が経理を知らない、経理スタッフ任せきりで自ら管理もしていない(できない)、ということです。相手から「この社長だったら不正してもどうせバレない、適当に説明すればごまかせる」と思われていることが問題です。
当社では必ず、経理経験の無い現地社長さんにも経理のイメージが沸くまでご説明し、上記のようなことが起こらないよう、管理手法についても指導させていただいています。「あっ、この社長、結構知っているな、しっかりチェックしているな」と思わせることも不正防止には重要です。経営者が管理手法を知らなくては健全な経営は決してできない、と私自身思っています。

lamtip partner
文 : 岩倉弘貴
Managing Director

lamtip partner

LAMTIP PARTNERS (Thailand) Co., Ltd.
1 GLAS HAUS BLD., FLOOR 8 ROOM 805/1
SOI SUKHUMVIT 25,
KLONGTOEY NUA, WATTANA,BANGKOK 10110
Tel:02-665-2949
Fax:02-665-2948
h.iwakura@lamtip.com
http://lamtip.com◆日本国連絡先
株式会社ラムチップ・パートナーズ
ラムチップ・パートナーズ国際税務会計事務所
東京中央区日本橋室町1-1-3
紅花ビル3F
Tel:+81-3-6202-7174
Fax:+81-3-6202-7175
www.miyatax.com

gototop