2014.09月号

高品質なワンストップサービスを提供する総合物流センターがオープン! 近鉄エクスプレス、プラチンブリ地区に新倉庫を開設

kwe

国際物流を展開する近鉄エクスプレス・タイランドが2015年1月、タイ東部のプラチンブリで新倉庫を開設する。ロジャナ・プラチンブリ工業団地内に位置するこの倉庫はKWEグループ倉庫専業会社、近鉄ロジスティクス・タイランドが運営。約40ライ(約65,000平米)の敷地を有し、コンテナデポ、梱包工場、集配センター、倉庫機能を持たせた総合物流センターとして、自動車や電子部品関連企業の戦略的拠点としてワンストップサービスを提供する予定だ。
プラチンブリはタイ+1として熱い視線を集めるカンボジア国境まで約120km、さらにベトナム・ホーチミンまで繋がる南部経済回廊に接しているなどの理由から、企業の進出が相次いでいる注目のエリア。2015年末にAEC(ASEAN共同体)が発足し国境間の物流がさらにスムーズになれば、陸送の重要性はさらに増し、貿易の増加が更なる経済成長をもたらす。
この新倉庫では、大きく3つのビジネスモデルに分けたサービスが提供される予定だ。今回このプロジェクトを率いる同社の谷康行氏、森下久氏の二方に、新倉庫の優位性についてお話いただいた。

kwe
新倉庫完成イメージ図

戦略的物流拠点としての東部プラチンブリ

谷氏:近鉄エクスプレス•タイランドは2011年、タイローカルの物流企業TKK社と経営統合以来、国際・国内物流ともに強い企業として成長スピードを上げると同時に、戦略的に倉庫施設を拡充しタイにおける総合物流拠点を増やしてきました。洪水などの影響もあり、企業の流れがアユタヤなどの中部エリアから東部臨海エリアへ移動、新たに参入する企業もこのエリアへの進出が多く、レムチャバン、チョンブリ、イースタンシーボードにも倉庫拠点を開設し注力しています。
そして次なる拠点として進出が決まったのが、バンコクの東に位置するプラチンブリです。近隣には304、カビンブリ、ゲートウェイなどを代表する工業団地があります。また、タイからカンボジア・ラオスとその先のベトナムへの国際物流ゲートウェイとなる拠点としても物流需要が旺盛になると想定しています。タイ東部の中心地としてもバンコクから約2時間、中部アユタヤ、レムチャバン港まで約1時間半、カンボジア国境までも約1時間半の距離に位置する地理的条件の良さから、企業進出が続くエリアと睨んでいました。

企業の国際競争力を高める物流サポート力

森下氏:このように、企業の流れに合わせ拠点を拡充してきた中、お客様の業種では自動車関連企業が倉庫の売上の約50%を占めています。電子部品、通信機器関係企業のお客様も多い傾向にあり、これらの企業がプラチンブリへも進出を続ける一方で、物流業の進出がまだ多くないエリアであったことも決め手でした。来年以降のAEC統合により、インフラや制度で国同士が繋がるカンボジア方面への戦略拠点という意味でも重要な立地と認識しており、工業団地へは企業の進出が勢いづいています。

谷氏:タイからカンボジアへの輸出入に関してはまだライセンス規制などもあるため、タイ企業のカンボジア進出サポートもしていく予定です。今後AECで規制が撤廃されていけば物流も活発化しますので、プラチンブリに荷物を集約し、ハブ&スポーク型の物流インフラとして使っていただけると考えています。これが提供予定のサービスの一つ、「クロスボーダートラックサービス」です。

森下氏:また、メーカーが複数の海外サプライヤーから都度直接荷物を受け入れる負担を改善するため、弊社倉庫を利用した受け入れサポートのサービスが、メーカーのオーダーと生産のタイミングに合わせて配送する「輸入型VMI倉庫サービス」です。
商社がメーカーとタイアップしサプライヤーから資材を集め、商社の資産として倉庫に置いてもらう形式も採用可能です。弊社の倉庫を利用し、商社が在庫をマネジメントする“ ベンダー・マネジメント・インベントリー”のスタイルなら、メーカーのオーダーを商社が受けてから、ジャストインタイムで配送するので無駄がありません。さらに新しいスタイルのサービスとして、梱包から倉庫への集荷、配送までワンストップサービスで提供する「輸出型集約転送サービス」をスタートします。日本と異なりタイでは混載による運送はあまり浸透していないのですが、輸出貨物を集め、1本のトラックに複数貨物を入れて空港倉庫まで運び輸出することで、従来のチャーター料金から一部混載料金となり、より低コストでの輸送が実現します。梱包に関しては、倉庫棟(9,934平米)の左隣に梱包工場を作っています。海外から木材を輸入し、私どもで燻蒸、パレットや木箱にして、プラチンブリ周辺工場で生産された製品の輸出梱包に使っていただく予定です。

谷氏:プラチンブリエリアのお客様企業の中にはレムチャバンで倉庫を借りている方もいらっしゃり、1時間半ほどの距離とはいえ、近いほうが使い勝手の良さは確実です。さらに東北部へ進んだナコンラチャシマに進出されている企業の方へも、港まで距離があるため経由地点として利用いただければと想定しています。新倉庫を通じた弊社の総合物流サービスを提供していきます。

kwe
谷 康行
Executive Vice President

kwe
森下 久
Department Manager

戦略的な立地であるプラチンブリ地

kwe
第一期工事で倉庫棟(9,934平米)と梱包工場が完成予定

プラチンブリはタイ東北部の入口に位置しており、主要空港、主要港まで110~135km、カンボジア国境からも120kmと、それぞれ近距離に位置しています。
またベトナム・カンボジア・タイを結ぶ南部経済回廊に接しており、2015年のAEC
発足で物流のハブ拠点として期待される立地です。

●スワンナプーム空港まで 約110km
●レムチャバン港まで   約130km
●バンコク港まで     約135km
●バンコク市内まで    約140km
●カンボジア国境まで   約120km

kwe

 

kwe

kwe
お気軽にお問い合わせください
KWE-Kintetsu World Express (Thailand) Co., Ltd.
近鉄エクスプレス・タイランド
☎02-792-5999、081-732-2865(担当:森下)
E-mail: prachinburi.jp@kwe.com
URL: www.kwe.co.th

gototop