2016.07月号

人材派遣のデメリットを克服する “製造請負”のすすめ|nms (Thailand) Co., Ltd.

nms

製造業が抱える 人材の悩み

在タイ日系製造業の多くが「人材派遣」を活用している。その理由はさまざまで、試用期間内では人材の能力や資質の見極めが難しいため、正社員登用テストまでの1年間、全新入社員を派遣社員として雇用している企業があれば、人件費高騰や生産変動が激しい昨 今、正社員の採用を極力抑え、給与・福利厚生など固定費による製造原価の圧迫を防ぐために派遣社員を活用している企業もある。中には、労働争議による現場の稼働停止を避けるために常時活用している企業も。
一方で、人材派遣にはデメリットもある。2014年4月、タイの最高裁判所は、契約社員が正社員と同等の業務を行った場合、雇用者は契約社員に対し、賃金と福利厚生に関しても正社員と同一の内容を支給しなければならないという判決を下した。この判例により、 派遣社員には上記のメリットがある反面、コスト面ではメリットがないことが明らかになった。加えて、正社員の雇用に比べて品質管理、業務効率化の面でもデメリットが生じやすい。

労務・生産管理までアウトソース

このデメリットを克服する方策として、日本マニュファクチャリングサービス (nms)の松本正登氏は「製造請負」を提案している。
「工場内でも生産効率や人材定着率が悪い生産ラインを弊社が丸ごと請け負い、生産から労務まで管理・運営するのが『製造請負』です。報酬は出来高制で、お客様と生産計画を立て、独自の方法で最適な仕組みを構築します」 (「請負フロー(概略)」参照)。  同社はモノづくりに特化した人材教育・派遣、労務管理サービスで、日本で30年以上の実績を持つ。松本氏はさらにベトナム、マレーシアで、日系製造業者のニーズに合わせたソリューションを提供し続けてきた人物だ。現場の声に寄り添うことで生まれた製造請負サービスは、現在チョンブリ県を中心に展開しており、人材派遣が抱える、コスト面や品質管理などのデメリットに疑問を持つ企業が、製造請負へと切り替えるケースは増えてきている。2016年9月を目処にアユタヤにもオフィスを開設し、展開エリアを拡大する予定だ。

nms

nms

nms
nms( Thailand) Co., Ltd. の松本正登 Managing Director

nms (Thailand) Co., Ltd.
《シラチャ・オフィス》
4/222 Harbor Office, 6th Floor , Room 6D01,
Moo.10, Sukhumvit Rd., Tambon Tungsukla,
Amphur Sriracha, Chonburi 20230
《アマタナコン・オフィス》
559/1, Moo.5, Klongtamru, Muang, Chonburi 20000

お問い合わせ
099-185-7661(松本)
m_matsumoto@n-ms.co.jp
www.n-ms.co.jp

【会社概要】
設立:2014年9月12日
資本金:6,000,000バーツ
事業内容:人材派遣

nms

gototop