特集 2018.07月号

“見て”理解する交通インフラ BTS&MRTの開発進捗

ArayZ記事をPDFでダウンロードできます

メールアドレスを入力し、ダウンロードボタンをクリックしてください。自動送信されるEメールからダウンロードができます。

iPhone, iPadですと、現状ダウンロードすることができません。大変申し訳ございませんが、iPhone, iPadの方は下記メールアドレスに、直接ダウンロードしたいPDFの記事タイトルをご記入の上、ご連絡ください。 gdm-info@gdm-asia.com

2021年開通予定のモノレール

ピンクライン

●中部ノンタブリ県庁前からバンコク東部ミンブリまでの全長34.5km。
●事業権は、「シノタイ・エンジニアリングアンド・コンストラクション」と「BTSグループ・ホールディングス」、「電力会社ラチャブリ・エレクトロシティー・ジェネレーション・ホールディング」の企業連合が取得。
●軌道工事は、シノタイが42億1,009万バーツで受注。工期は3年3ヵ月の予定。
●地下電線工事は、建設会社ナワラット・パタナカンが29億4,453万バーツで受注。
工期は2021年6月29日までの予定。
●鉄道システムや車両などはカナダのボンバルディアから導入。
▲イミグレーションに行きやすくなる

2023年開通予定地下鉄&高架のハイブリット型

オレンジライン

●オレンジラインは、文化センターを中央にバンコクを東西に横断する全長39.6kmの都市型鉄道。全体計画としては全30駅を予定。
●先にCultural Center駅から東、Khong Ban Ma駅までの10駅が2023年に開通予定。
●MRTAは西区間「文化センターからバンクンノン」の整備計画について、PPP民間連携方式の導入にむけた調査を終えたところ。

バックナンバー Back Number

バックナンバー Back Number

gototop