川崎重工業と三菱商事、バングラデシュ初のMRT車両および車両基地設備を受注

2017.08.29


ダッカMRT6号線車両のイメージ【同社提供画像】

 
川崎重工業と三菱商事は7日、共同でバングラデシュのダッカ都市交通会社(Dhaka Mass Transit Company Limited:以下、DMTCL)から同国初となる都市高速鉄道(以下、MRT)6号線向け車両144両および車両基地設備を受注した。契約総額は約400億円。

同契約において、川崎重工はプロジェクト全般管理、車両および主な車両基地設備の設計・製造・試験・納入整備・トレーニング・輸送などに加え、DMTCLが実施する車両および車両基地設備の保守業務の支援を担当し、三菱商事は商務事項の管理、ならびに一部車両基地設備の供給を担当する。

今回供給する車両は、軽量・高耐久性を特長とするステンレス製車両で、室内用CCTVカメラに加え、ワンマン運転時に乗降客やプラットフォームの状況を確認するための車外CCTVカメラを装備し、客室内の乗客だけでなく、乗降客やプラットフォーム上の安全にも配慮した設計を採用。また、大容量空調装置を1両につき2台搭載し、高温多湿の現地環境においても快適な車内環境を実現する。

6号線は、バングラデシュで初めて建設されるMRTで、首都ダッカの中心地を南北に結ぶ全長約20km、16駅で構成される全線高架の路線。ダッカ周辺地域を含む都市圏は、人口1,500万人を超える都市圏で、人口増加に伴う交通量の増大により慢性的な渋滞が社会問題になっている。6号線は、道路交通からの交通手段の転換を促し、渋滞緩和による都市利便性の向上、経済損失の解消、さらに温室効果ガスの削減が期待されている。

また、ダッカのMRT開発は、日本政府のインフラ輸出戦略などの下で、計画策定段階から一貫して国際協力機構(以下、JICA)がバングラデシュ政府の支援を行っており、6号線はJICAが同政府との間で結んだインフラ整備支援に関する円借款契約により建設が進められている。現在ダッカでは、6号線以外のMRT建設も計画中でり、経済発展と都市化の進展により、今後MRT車両の需要が継続的に増加することも期待できるという。

 

バングラデシュで開催された署名式の様子【同社提供画像】
(左から)小河原 誠・常務(川崎重工 車両カンパニー プレジデント)、渡邉正人・駐バングラデシュ日本国大使、オバイドゥール カデール・バングラデシュ道路交通・橋梁省大臣、中川哲志・執行役員(三菱商事 インフラ事業本部長)、成瀬拓司・部長(三菱商事 交通インフラ事業部)

 

ダッカMRT6号線路線図【同社提供画像】

gototop