当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

来場者5万8,000人超「Manufacturing Expo 2022」 賑わい徐々に戻る 東南アジア最大級の製造業向け展示会

2022.07.03

6月22日(水)から25日(土)にかけてバンコク国際貿易展示場(BITEC)で開かれた、東南アジア最大級の製造業向け展示会「Manufacturing Expo 2022」。主催者によると、来場者数は1日目12,110人、2日目15,190人、3日目17,656人、4日目13,155人の計58,111人だった。

今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響により会場での開催は2年ぶりだったが、入国規制の緩和に伴い、国外からの来場者と思われる姿も多く見受けられた。

会場内は「InterPlas Thailand(プラスチック製造)」「InterMold Thailand(金型製造)」「Automotive Manufacturing(自動車部品)」「Assembly & Automation Technology(産業用ロボット・オートメーション)」「Surface & Coatings(表面処理・コーティング)」の5つの産業分野で構成。

各社のブースに加えて、台湾や韓国、シンガポールといったアジア勢のパビリオンブースも存在感を放った。

2023年は6月21日(水)〜24日(土)に開催することが決まっている。

 

■公式サイト
https://www.manufacturing-expo.com/

 

 

ArayZニュースレター配信中!


入力いただいたメールアドレス宛てに、ArayZ新着ニュースや注目のセミナー情報などをお送りいたします。個人情報の取り扱いについて

人気記事

広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

広告掲載についてページを見る

お電話でのお問い合わせ+66-2651-5655

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

閉じる