当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

三菱電機ファクトリーオートメーションタイランド、NTTドコモと協力しEECのモデル工場にて「プライベート5Gネットワーク」を展開

2022.02.10
プライベート5Gネットワーク

三菱電機ファクトリーオートメーションタイランドは、NTTドコモと連携して、東部経済回廊(EEC)のモデル工場にて「プライベート5Gネットワーク」を展開することに合意したと発表。

2022年の第3四半期までにチョンブリ県のブラパ大学内に設けられたEECオートメーション・パークへe-F@ctoryの導入完了を目標とする。この共同事業により、タイの製造業におけるスマートファクトリーの実現が大幅に加速し、タイ政府が進めるタイランド4.0政策の促進を図ることが期待される。


▼以下、プレスリリース全文▼

日本の設備を使用した初のプライベート5Gネットワーク

三菱電機ファクトリーオートメーションタイランド(本社:タイ王国バンコク、代表取締役:Mr. Wichiene Ngamsukkarsemsri、以下、MELFT)は、日本の通信技術のリーディングカンパニーである株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井伊基之、以下、ドコモ)と連携し、EECのモデル工場にて「プライベート5Gネットワーク」を展開することに合意しました。また、MELFTはドコモをデジタル製造エコシステムであるe-F@ctory Allianceに迎え入れました。

本取組は、「プライベート5Gネットワーク」を導入し、タイの産業発展に貢献することで、タイ政府が進めるタイランド4.0政策の促進を図ります。今回の共同事業は、「海外法人5Gソリューションコンソーシアム」に基づく日本の通信技術を海外へ輸出する合弁事業としてはドコモ初の事例となります。

また、東部経済回廊(EEC)内のモデル工場での技術展開を通じて、各業種の条件に合わせてカスタマイズ可能な「プライベート5Gネットワーク」のアドバンテージを学習・理解できる機会を製造業者へ提供する重要な役割も担っています。

2022年の第3四半期までに導入完了を目標としており、公共の通信ネットワークから隔離されたオートメーションとワイヤレス技術で製造業におけるスマートファクトリーの発展を促します。この事業の最大のメリットは、製造業者のオペレーション情報に対して最高水準のセキュリティを確保しつつ、製造効率を高められる点です。

プライベート5Gネットワーク

MELFTの代表取締役Wichiene Ngamsukkarsemsri氏は、今回の取り組みに関して次の通り説明しました。

「日本の三菱電機のタイ子会社であり、製造業向けに幅広くオートメーション機器を提供する当社は、デジタル製造モデルラインを導入し、製造業でのオートメーション技術の活用を実証するために政府当局と協力しています。ラヨーン、チョンブリ、チャチュンサオの3県にまたがるタイ国内の重要な経済地区であるEEC内に位置するEECオートメーション・パークへのe-F@ctoryの導入は、タイ国内の製造業におけるスマートファクトリーのショーケースとしての役割を担っています。今回のドコモとの共同事業は、EECだけでなくその他のタイ国内の地域の産業の促進を図る当社とEECとの協力体制に更なる付加価値を与えるでしょう。このパートナーシップは、タイの製造業界に積極的に5G技術を実装することを後押しし、業界内でのネットワークセキュリティの脆弱性に対する懸念も解消します。『プライベート5Gネットワーク』は、公共の通信ネットワークから切り離されているため、高度なセキュリティと安定性を兼ね備えており、インターネットの接続状況にも影響されません。これにより、プライベートネットワークでは製造上で必要とされる通信性と情報利用性が最大限に引き出せます。さらに、ワイヤレスであることにより配線や設備の移動などで発生する費用や長期的に必要な時間を削減することができます。また、『プライベート5Gネットワーク』は、より高い効率と柔軟性で製造工程を最適化するソリューションにもなり得ます。結果として、タイの製造業におけるスマートファクトリーの実現を大幅に加速させ、政府が掲げる政策を支援することにもつながります」。

MELFTは、タイで「プライベート5Gネットワーク」を導入・展開させるこの共同事業によって、運用技術と情報技術の双方を活用するアライアンスを牽引する企業となります。これによって様々なパートナー、特にシステム・インテグレーターとの連携が一段と最適化され、タイのEECワーキンググループと密接に協力し合いながら、インダストリー4.0構想の実現のための複数の政府プロジェクトを促進・発展させていきます。

ドコモのタイ市場への参入は、以前合意したタイの産業を発展させ、国際市場での競争力を高めるため日タイ両政府が緊密な協力体制にあることを明示していると同時に、日本の最先端の技術プロバイダーや投資家をタイに誘致することで、両国の緊密な協力体制が今後もさらに発展していくことを示しています。

本事業では、共同作業計画を成功させるために各社が役割分担をしつつ、それぞれの技術面及びエンジニアリング面のノウハウを相互提供することに焦点を合わせ、協力していきます。この協力体制を通して、タイの製造業に知識と理解を移転し、これらの新技術を採用・導入するために必要とされる人材育成にも貢献していきます。

会社名 役割
MELFT ファクトリーオートメーション設備、制御技術や製造業に関する知識と、オートメーション・パーク内モデル工場での「プライベート5Gネットワーク」の実験環境の提供。
ドコモ 5G設備の導入と実演・実験を通して、「プライベート5Gネットワーク」の建設に関わる技術的知識を提供。

<お問合せ先>
ADK Thai Co., Ltd. 広報部
Tel. 02-949-2782-6

 

ArayZニュースレター配信中!


入力いただいたメールアドレス宛てに、ArayZ新着ニュースや注目のセミナー情報などをお送りいたします。個人情報の取り扱いについて

人気記事

  1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
    タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
  2. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
    ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
  3. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
    2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
  4. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
    Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
  5. タイのEV充電ステーションの方向性
    タイのEV充電ステーションの方向性
  6. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
    SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
  7. 【シンガポール】シンガポール、生活費が世界一=大衆車で1500万円、駐在員もつらいよ
    【シンガポール】シンガポール、生活費が世界一=大衆車で1500万円、駐在員もつらいよ
  8. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
    なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
  9. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
    タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編

閉じる