当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

Krungsri × MUリサーチ&コンサルティングの合同セミナー「タイの脱炭素化とESG投資」に参加者200名超

2022.05.12

4月27日、Bank of Ayudhya PCL (以下Krungsri)と三菱UFJリサーチ&コンサルティング(以下MURC)は合同で「タイの脱炭素化への仕組みとESGファイナンス動向」をテーマにした無料オンラインセミナーを開催。当日は、タイはもちろん日本やシンガポールの製造業や建設業、運輸業、金融業といったさまざまな業界から200名を超える参加者が集まった。

本セミナーは、世界的な潮流である持続可能な社会構築に向けて加速する脱炭素化と、それを促すESG投資に着目。「タイにおけるESGの動向」と「ESG分野における三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下MUFG)の機能」の2部構成(全90分)で、Bangchak Corporation PCLGloyta Nathalang氏やタイ発電公社(EGAT)Pakawee Silpanon氏など各界の専門家に加えてKrungsriMURCがその仕組みや動向について解説した。

なお、MUFGは現在「ネットゼロ・バンキング」に向けた取り組みに注力。2021年に発表した「MUFGカーボンニュートラル宣言」では、30年までに自社事業におけるネットゼロ・エミッションの達成を、50年までにファイナンス事業における同目標の達成を公言している。

Krungsriはタイで最も持続可能な商業銀行になることを目指し、グリーンボンド、ソーシャルボンド、サステナビリティボンドといったSDGs連動債※をはじめ、あらゆる種類のESGファイナンス商品を提供する。
18年に現地市場に導入し、発行総額は100億バーツを達成。21年には1,740億バーツに拡大している(そのうち最も多く占めるのはサステナビリティボンドで1,200億バーツ)。

ArayZニュースレター配信中!


入力いただいたメールアドレス宛てに、ArayZ新着ニュースや注目のセミナー情報などをお送りいたします。個人情報の取り扱いについて

人気記事

  1. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
    Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
  2. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
    タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
  3. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
    ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
  4. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
    2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
  5. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
    なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
  6. タイのEV充電ステーションの方向性
    タイのEV充電ステーションの方向性
  7. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
    タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
  8. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
    タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
  9. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
    SMG(サイアム・モーターズ・グループ)

閉じる