東洋紡がエアバッグ事業で総額100億円を投資、第一段階はタイでの能力倍増

2017.01.06

Toyobo

【同社提供画像】

 

東洋紡は12月28日、自動車用のエアバッグ事業において、2017年度から20年度にかけて総額100億円の投資を行い、拠点の整備、生産能力の増強などを図るとし、第一段階として、タイの既存織布工場からエアバッグ用基布の織布工場を分離、自社化したうえで生産能力を倍増すると発表した。

同社は17年1月、タイに新会社TOYOBO SAHA SAFETY WEAVE CO.,LTD.を設立。事業開始は同年3月を予定している。エアバッグ市場は、これからも年率6%で成長するとの見通しもり、同社はこれを手始めに、グローバル市場におけるエアバッグ用ナイロン原糸および基布の供給体制を強化していきたい考えだ。

同社は、1993年に当時のオランダ・アクゾ社からエアバッグ用基布のノンコート技術を取得し、エアバッグ事業に本格参入。従来のコート布より高生産性、低コストでるノンコート布を用いたことで市場での存在感を高め、日本国内自動車メーカーにおけるシェアではリーディングカンパニーとしてのポジションを獲得した。

01年には、東南アジアにおける自動車産業の中心地でるタイに基布生産の拠点を、11年には中国、12年には北米に拠点を設立し、日本を含む世界4拠点でグローバルにエアバッグメーカーの需要に対応している。

また14年には、ドイツの原糸メーカーでるPHP社をタイ・インドラマ社と共同で買収。これにより、エアバッグ用ナイロン原糸の供給量では世界の4割を占めることとなる。日系自動車メーカーだけでなく、世界のメーカーに原糸と基布を供給できる体制を整備した。今後はPHP社との協力し、欧州での拠点整備も検討していくという。

gototop