2020.12月号

中野陽介コラム

【世界の片鱗】ボリビア・ウユニ塩湖

ボリビア・ウユニ塩湖

水が張って、鏡張りになるのは雨季の1月~3月。行ってみたら日本人ばかりでびっくり。気の弱そうな大学生が一人で来ていたり、インスタ映えのためのギャルがいたり、面白い日本人ばかりが集結していた。

この世は鏡。自分が放った言葉や想念がそのまま自分に返ってくる。逆に言えばこの世は心の在り方次第で現実はどうにでも上書きできる、とも言える。

寄稿者プロフィール
  • 中野陽介 プロフィール写真
  • 中野陽介

    1987年福岡生まれ。19歳で渡米し、Los Angeles CityCollege卒業。23歳の時、岡本太郎著「今日の芸術」を読んで衝撃を受ける。24歳で渡タイ、バンコクでサラリーマンと芸術家の二足のワラジ生活を3年間送る。28歳から1年間で22ヵ国を巡る世界一周旅を敢行。旅先で路上ワーカーたちの出会いに感銘を受け、「路上ワークの幸福論」を出版。同書はKinokuniya:Bangkok店&EmQuartier店でも発売中。

\こちらも合わせて読みたい/

【世界の片鱗】ニューヨークの夕日

gototop