2016.06月号

ArayZオリジナル特集

業界成長の可能性を探り、ビジネス機会を創出する ASEAN規模の一大製造関連展示会

arayz jun 2016

『Manufacturing Expo 2016 』開催情報

  • 会期 2016年6月22日(水~25日(土)
  • 会場 BITEC(バンコク国際貿易展示場)
    ※BTSバンナー駅最寄り
  • 内容 自動車部品製造/金型/オートメーション・組立技術/表面処理 加工・塗装など展示のほか、テーマに沿ったビジネスマッチング、各種セミナーなども開催。
    InterMold Thailand」「Automotive Manufacturing」「Assembly and Automation Technology」「Surface & Coatings」「Mfair」

同時開催 NEPCON Thailand

arayz jun 2016

今年も6月22日~25日の4日間、製造機械・技術に関する国際展示会『Manufacturing Expo 2016』がバンコクで開催される。
ASEANを中心に、今年は46ヵ国から2,400以上のブランドが集結し、開催テーマである「生産性」の向上にまつわる最新鋭の機械や技術を展示、公開予定だ。タイ国内と日本からはもちろんのこと、インドネシアやシンガポールといったASEAN諸国、さらにはインド、中国、台湾など、アジア全域から製造業の第一線に立つ企業関係者が集まる場となるため、バイヤーにとっては自社が抱える課題に対するソリューションが見つかる、出展者にとっては最新テクノロジーやノウハウを売り込める、巨大な商談&ネットワーキングのプラットフォームとして活用が期待できる。
今回、VIPビジターとして参加するべトナムの治具製造会社『SHINMEIDO INDUSTRIAL』が、べトナム製造業界の現状と課題、また同展示会への期待について語った。

べトナムの製造業は今、何を考えているのか?

当社は2007年、べトナムの首都ハノイで設立されました。プラスチック射出成形、金型プレス成形、精密治具、機械部品などを自動車や電子電気関連業界向けに設計・製造しています。
主な顧客は日本をはじめ、韓国やアメリカ、台湾からの進出企業で、ホンダやヤマハ、キャノン、フォードなどを主要取引先としているほか、輸出用にも生産を行っています。
当社のミッションは、「お客様に最高品質と利益を提供すること」。これを実現するため、最新技術の導入や、最高品質の製品を生み出すため製造工程を改善し続けています。 高度なスキルと創造力を持った従業員の育成に注力することで、生産効率の向上に繋げています。従業員が安全かつクリーンに働ける職場づくりも積極的に行っています。
また、同じ製造系他社と協力関係を築き、Win-Winの精神で技術や知識、経験をシェアして共に成長していくことが、べトナムの製造業界全体の底上げ、さらには当社の発展 にも繋がると考えています。

― タイやASEAN市場のニーズは、今後どのように変化していくと考えていますか?

べトナム企業にとって、2015年末に発足したAEC(ASEAN経済共同体)と、2016年2月に加盟したTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は関心の大きいトピックで す。
AECの発足により、ASEANという6億人規模の巨大なマーケットが誕生しました。AECは国境を超えたモノやサービス、投資、雇用の拡大を後押しするだけでなく、世界的企業のグローバル・バリューチェーンにおけるASEAN加盟国のプレゼンスを上げる起爆剤となるはずです。関税の撤廃は製造や輸入コストの削減を促し、競争力と輸出を増加させるでしょう。しかし、加盟国間の経済的な障壁が排除されれば、企業は新たなビジネス機会を得ると同時に、多くの課題も抱えることになるのではないかと思 います。
ベトナム企業は今の低レベルな製造技術・経営のままでは、ASEAN市場で隣に並ぶライバルに勝つことはできません。実に73%ものべトナム企業がAECの発足について知らないというデータがあり、この事実はべトナムの中小企業の意識の低さと脆弱さを露呈しています。

― SHINMEDO社では、今後の市場ニーズに備え、どの分野に投資していますか?

当社ではこの数年、製品品質と製造工程を向上させるため、人材と材料への投資を拡大 しています。
リーダークラスには、国内外の大 学で技術について学び、日本の会社でマネジメントの 経験を積んできたエンジニアを採用しているほか、各部門長の専門性を高めるため、高度な技術を持つ技術者からノウハウの指導を受けさせる、アカデミックなセミナーやワー クショップへ参加させることで、従業員の育成と最新技術の獲得機会を設けています。
工場のインフラや設備への投資に関して言えば、自社にとって最適な技術を見つけるため、展示会や見本市に参加するようにしています。カンファレンスやフォーラムへ参加することで、外国企業のノウハウも学んでいます。

― 投資のために、パートナーやサプライヤー企業を見つける必要性は感じますか?

べトナムは人材の技術も生産力も低く、工業国としての規模はASEANの他国と比べてまだまだ小さい。AECで関税がほぼ撤廃されましたが、今後、ASEAN域内の競争はさらに熾烈を極めるでしょう。
この競争に勝ち抜いていくには、 パートナーやサプライヤー企業を見つけること―特に日本や米国のような工業先進国の企業とのパートナーシップが鍵を握ると考えています。 良いパートナーとの出会いは、最新鋭のテクノロジーや製造管理のノウハウといったアドバンテージを我々にもたらします。
戦略的パートナーの発掘は、我々のビジネスにとって重要な作業です。当社では、国内外のパートナー企業と定期的にイベントに出展していますし、中小企業支援を目的にした協会や連合といった公的組織に積極的に加盟することで、戦略的パートナーの発掘を行っています。
Manufacturing Expo 2016への参加で期待しているもこの点で、最新技術やノウハウの収集だけでなく、 ビジネスチャンスも発掘したいと考 えています。

Company Profile
SHINMEIDO INDUSTRIAL JSC
Zone 2, Phuminh Village,Socson Dist, Honoi VIETNAM

次ページ:各メーカーの担当者が集結! 業界の最新動向が掴める特別セミナー

gototop