マルチブックとサイボウズ クラウドERPで基幹業務カイゼンセミナー 6月13日(木)開催

2019.07.09

5月末、株式会社マルチブックは、クラウド型会計ソフトmultibookとサイボウズ株式会社のwebデータベース型の業務アプリ構築クラウドサービスkintone(キントーン)とのデータ連携で協業を発表した。

クラウドで業務改善を図る両社のクラウドサービスを導入する事で、顧客情報の管理や見積書の発行等、営業管理の部分を「kintone」が、請求書発行以降の会計部分を「multibook」がそれぞれクラウド上で情報を管理し、この2つが連携することで、クラウド上での一体管理が可能になる。

「この度の連携により、クラウドによる現地法人の◇見える化◇業務効率化(コスト削減)◇不正対策が可能になり、様々な企業の業務改善に役立つことができる」と株式会社マルチブックの松江氏は語る。

セミナーではmultibook・kintoneの両製品の特長及び、タイでの実際の導入事例が紹介され、セミナー参加者にタイでの業務改善のイメージ・有用性をアピールした。

kintoneは、既に国内外で12,000社に利用されており、multibookが組み合わさることで、さらなる効果が期待できる。

 

サイボウズ株式会社グローバル事業部の木戸氏は、「kintoneは、開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムを簡単に作成できる為、IT駐在者がいなかったり、本社に頼らずにスモールスタートで業務改善を図りたい海外拠点の皆さまにおすすめの製品になっております。特にタイは、まだまだ紙やエクセルでの業務が多い為、ぜひkintoneで業務効率化を考える企業の皆さまのサポートをしていきたいです」と語った。

∇kintoneのお試しや詳細はこちら

 

gototop