2016.10月号

工業用品の現地調達を担うIoT総合商社 | K.P.T Machinery (1993) Co., Ltd.

kpt

タイで日系メーカーの電子機器などを調達する場合、輸入にかかる費用や時間的コスト、製品サポートなどの面で優位性があるのは「現地調達」だ。
一方で、現地の販売代理店や商社では日本とは商習慣が異なり、基本的に在庫を持たず、また日本人によるサポート体制が整っていない場合が多く、日系にとっては必ずしも使い勝手が良いとは言えない。この課題をクリアーしたのが、ローカルのSI機能を持つIoT総合商社のKPTジャパン コンサルティング デスクである。

KPTグループの全容は

チャチュンサオ県にコンクリート関連工場を構えるTUN Engineering Co., Ltd.、イースタンシーボードに工場を構えるK.W. Metal Work Co., Ltd.、スクリューコンベアを製造するThai Screw Conveyor Co., Ltd.、そして日系メーカーの機械制御機器などを扱うK.P.T. Machinery (1993) Co., Ltd.(以下、KPTマシナリー)など多くのタイ関連各社から成るタイのKPTグループ。
KPTマシナリーはタイ資本のローカル総代理店として、プロフェースのタッチパネル(操作表示器)から輸入総販売元としての事業を開始し、現在ではほかにもパトライト、日東電工、IDECなどの総販売元として日系25ブランド以上の電子機器関連製品を取り扱う。取り扱い機器の80%が日系メーカーの製品であり、また顧客全体の約65%を在タイ日系大手企業が占めることから、2016年ジャパン コンサルティング デスクを開設。佐藤 仁マーケティング マネージャーと、大橋亜希子カスタマーサポート担当が日本人窓口として加わった。

kpt
K.P.T. Machineryジャパン コンサルティング デスクでカスタマーサポートを担当する大橋亜希子氏

「この数年でさらに多くの日系企業がタイへ進出され、弊社では23年の歴史の中でタイローカル企業として唯一初めての日本人対応デスクを設け、ローカルのネットワークや情報をスムーズに日系企業様に提供できるようになり大変な反響をいただいており、とても感謝しております」。(佐藤氏)

「日本からタイへ進出された企業様が事業で必要となる機器を探す際、現地で調達できれば、輸出入に伴う煩雑な作業や為替、通関のリスクも回避できます。弊社はタイにおける日系電子機器メーカーの正規販売総代理店として、各社の在庫を揃えることで、納入に掛かる時間も最短に抑えています」。(大橋氏)

現地企業ならではのコンサルティング力

同社では、実際に顧客の現場の状況や課題を把握、分析したうえで、最適な商品を紹介、提案することをモットーとしている。日本人によるきめ細かなサポートは、現地調達のハードルを大きく下げる。
機械の故障や不具合時も、現地で20年以上の実績を持つ技術チームがサポートする。修理に必要な部品を日本など国外から取り寄せたり、エンジニアを出張させる際にかかる費用と時間が節約され、現地調達の優位性はこのような面でも生きてくるはずだ。
商品を熟知したタイ人社員も多く在籍しているため、IoT商社としての情報力を活かし、タイ国内での部品や機器などの調達といったリクエストにも対応。現地の、IoT商社だからこそ実現する利便性とシステム提案を活用しない手はない。

kpt

kptshneider electric
ワイヤレスバッテリーレス押しボタンスイッチ
Harmony® XB5R

発信機を備えた押しボタンスイッチ(送信機)から、生産ラインに設置した受信機に信号を送ることで、生産ラインで発生した異常や不具合を瞬時に調整することが可能です。ケーブル不要なワイヤレス設計で、動作距離は最長100メートル(条件あり)、中継器を入れればさらに長距離でも信号を受信することができます。さらに押しボタンスイッチは充電不要なので、バッテリー切れの心配もありません。
自動車関連メーカーの工場などで採用されている、作業効率の向上に貢献する最新機器です。

ユーチューブで動画公開中
https://youtu.be/hy5R3uuGe9Q

kpt

パトライト
信号灯LE型専用送信機
WDT-5E-Z2

知らせる信号灯から、記録する信号灯へ。パトライト製信号灯に乗せるだけで、機器情報が無線で転送されるシステムです。取得データをもとに生産工程のボトルネック改善など、ユーザーの目的にあったさまざまな情報活用が可能になります。国際標準通信規格を採用した、安心で確実な無線通信は複数台の同時運用でも安心の通信精度を誇ります。
「信号灯情報=点」、「無線=エア」、点と点が結びつき、エアを介してひとつの情報の「グリッド」となる。それがワイヤレス・データ通信システム『エアグリッド』です。

ユーチューブで動画公開中
https://youtu.be/YjbIumMOuow

 

kpt

kpt

K.P.T. Machinery (1993) Co., Ltd.
259/83 Soi Phiboonves,Sukhumvit 71 Rd.,Phrakanong-nua,Wattana,Bangkok 10110
Tel: 02-391-3030
Fax: 02-391-3021
www.kpt-group.com

お問い合わせはジャパン コンサルティング デスクまでお気軽にどうぞ

佐藤
Mob:091-557-6588
E-mail:j.sato@kpt-group.com

大橋
Mob:091-436-0452
E-mail:o.akiko@kpt-group.com

gototop