ビジネス・経済 2019.11月号

METALEX2019 マルカ・タイ

出展ブース:BF11 Hall 101 マルカ・タイ

マルカは、米国とアジアに23拠点を持つ。60年以上の海外取引を活かした国際ネットワークを有する商社で、自動車・家電・農機具・鉄道・食品など多業界に、もの(商品)を創る機械を販売している。1988年1月設立のマルカ・タイは、バンコクで産業機械・工作機械の直接販売を行っており、特に日系企業の海外展開を強力にサポートしている。

タイ製造業界の近況と展望についてお聞かせください。

工業化取り組みの黎明期より外資導入のため、幅広い分野でタイ投資委員会(BOI)による優遇措置が講じられてきました。

ただ、「中進国の罠」を回避するため、高付加価値を生む産業や分野に、重心を移す方針が打ち出されています。

2015年に策定された「タイランド4.0」では、イノベーション、生産性などをキーワードとした新投資奨励策で医療、観光、次世代型自動車、バイオ技術に加えて、ロボット工学、航空・物流、バイオ燃料といった分野にも厚い優遇策を打ち出しています。

当社は、特に電気自動車、環境、食品、医療、航空機といった産業の発展に資する生産技術や設備、資材を核に事業展開を図ってまいります。

日本の先端分野の生産技術、要素技術、情報提供などで、高度産業の誘致を図るタイの産業に貢献ができればと考えています。

タイ製造業界の近況と展望についてお聞かせください。

ASEAN有数の金属加工、先端技術の展示会であるため、タイ国内はもちろんアジアの主要工業国からの来場者とお会いできる機会です。また、海外の製品や技術も紹介され、当社にとっても大切な情報収集の場でもあります。

当社の本年のコンセプトやトピックを関連市場や産業人の方々にご案内させていただけると同時に、皆さまの直近の課題を認識させていただく機会と考えます。

今年は通常の5割増となる150㎡のスペースを確保しました。省スペース、省人化、環境、生産性の向上、エンジニアリングをテーマに複合加工機、自動化、協働ロボット、各種環境機器の展示のほか、TMM会(Thai Maruka Makers Association)会員企業様のご支援を得て、エンジニアリング事業のご紹介をさせていただきます。

来場者へのメッセージをお願いします。

出展・参加は25年連続となります。出展を辞退する企業が多かった1997〜98年のアジア通貨危機や2011年の洪水被災の際にも出展させていただきました。例年のビッグイベントの一つで、お客様からは課題をいただき、サプライヤー様や協力企業様とは当該年の動向を見て戦略・戦術をともに練る場と認識しています。

また、お客様の現場を見据えたお手伝いができる機会です。お客様の忌憚のないご意見やご要望をお聞かせいただきたく、ご来場をお待ち申し上げております。

Maruka Machinery (Thailand) Co., Ltd.
Managing Director 黒澤 淳一 氏

バックナンバー Back Number

バックナンバー Back Number

gototop