2021.02月号

中野陽介コラム

【世界の片鱗】チリ・イースター島

チリ・イースター島

モアイ像を見にイースター島へ。強烈な風に、美しい水平線。海が大きすぎて恐怖を覚える。島全体がパワースポットのようなエネルギーに溢れている島だった。

そんな小さな島でも人間たちは逞しく、想像と創造を繰り返していた。2本の虹ができていた。

寄稿者プロフィール
  • 中野陽介 プロフィール写真
  • 中野陽介

    1987年福岡生まれ。19歳で渡米し、Los Angeles City College卒業。23歳の時、岡本太郎著「今日の芸術」を読んで衝撃を受ける。24歳で渡タイ、バンコクでサラリーマンと芸術家の二足のワラジ生活を3年間送る。28歳から1年間で22ヵ国を巡る世界一周旅を敢行。旅先で路上ワーカーたちの出会いに感銘を受け、「路上ワークの幸福論」を出版。同書はKinokuniya:Bangkok店&EmQuartier店でも発売中。

\こちらも合わせて読みたい/

【世界の片鱗】ペルー・マチュピチュ

gototop