ビジネス・経済 2020.03月号

自動車・二輪産業ニュース 2020年3月

自動車・二輪産業ニュース 2020年3月

ブリヂストン、日系2社にタイヤ納入

 タイヤ世界最大手ブリヂストンは2月7日、いすゞ自動車の1トンピックアップ「D-MAX」の「V-Cross 4×4」「Hi-Lander」グレードの新モデル装着用標準タイヤとして、同社の「Bridgestone DUELER D684」を納入すると発表した。

 安全性と低燃費を追求した同タイヤの形状は摩耗を減らし、路面との衝撃を軽減。さらにブレーキ性能と静粛性を向上させ、走破性と快適な走りを両立する。

 また17日には、日産自動車の小型セダン「Almera」のタイヤに駆動力を高める 「Bridgestone ECOPIA EP 150」が装着されることを明らかにした。

米GM、販売不振でタイから撤退

 米ゼネラルモーターズ(GM)は2月16日、年内に「シボレー」ブランドの乗用車・ピックアップトラックのタイでの販売を中止し、東部ラヨン県の工場は中国の長城汽車に売却すると発表した。昨年の販売台数は前年比25%減の1万5,161台で、シェアは1.5%の10位に低迷。同工場での労働者を含む約1,900名が失業する見通しだ。

 GMは昨年、販売不振を理由にベトナムの製造施設をベトナム初の国産車メーカービンファストに売却。フィリピンの代理販売店も契約を破棄。インドネシア産SUV「Captiva」をタイ市場に投入したが、9月~12月で売れたのは投入数の約2割に留まるなど、東南アジア市場で苦戦していた。

タイの自動車生産・販売台数/関連輸出額
(2020年1月)

概要

国内販売台数

生産台数

自動車関連輸出額

バックナンバー Back Number

バックナンバー Back Number

gototop