当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

アルダグラム社 – KANNAがもたらすタイのノンデスクワーク業界の革新

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

       2019年5月に創業した株式会社アルダグラムは、建設業や製造業など現業社会に存在するさまざまな情報を一元的に管理するアプリ「KANNA(カンナ)」を開発したベンチャー企業。これまでに10ヵ国以上で採用され、23年6月時点で2万社を超える企業・団体が導入を果たしている。現場とバックオフィスなどとの情報伝達や意思共有を間断なく連携させ、ガバナンス強化と業務効率化を同時に実現する。スマートフォン一つで操作できるなど使いやすさも魅力の一つ。立ち仕事に従事する世界中のあらゆる人々とその働く現場に貢献したい。そうした想いが日本発のグローバルプラットフォーム構築に向けて動き出している。

      仕事のミスコミュニケーションや手間をカンナのように削る

      「Unlock Your Value(あなたの価値を開花させる)」――。アルダグラム社のミッションとして掲げるこんな想いが、創業者の一人で最高経営責任者(CEO)を務める長濱光氏にはある。安価な賃金を背景に人海戦術で業務を遂行していたタイの現業社会。事務作業や移動、情報伝達の手間を工具のカンナのように削り、生産性を最大化する。そんな意図から開発された「KANNA」がリリースされたのは2020年7月。導入を決めた企業・団体は22年11月時点で1万社を突破し、その7ヵ月後の23年6月には早くも2万社を突破した。アプリの広がりとともにサービスを提供する社内スタッフも増員され、現在は国内外を含め80人を超える厚い陣容となっている。

      建設業界のDX化は待ったなし

      建設コストの高騰と少子高齢化を背景に建設DXの進む日本。同じ状況にあるタイでも「建設業界のDX化は待ったなしの状況だ」と長濱CEOは分析する。
      タイの建設業界では社外との連絡に個人のSNS(チャットツール)を使用することも多く、情報共有が点在化しがちとなり、担当マネージャーを介した情報のリレーが常に行われているのが現状。また、セキュリティ環境外のため情報漏洩のリスクも高い。オフィス外や現場からスマートフォンやタブレットで最新情報にアクセスできる「KANNA」は、一元化されたコミュニケーションとプロセス管理を可能にし、顧客の資産を守る。

      対象は建設業に限らず、およそ「現場」と名の付く多業種・現業全般への導入も積極的に提唱している。タイで中心を占める自動車産業はもちろん、製造業、不動産業、ホテル業、運輸・倉庫業など、それは多岐にわたる。業種の限界や垣根を感じさせない画面設計にしているのも特徴だ。

      業界のエグゼクティブ150人を集めたイベントを開催

      タイ駐在員事務所の開設を機に、7月にはバンコクのクイーン・シリキット・ナショナル・コンベンションセンターで、エグゼクティブ150人を招待したイベントも開催。在タイ日本国大使館の公使、現地の日系・タイ系大手ゼネコン、建設コンサル、チュラロンコン大学の教授、長濱CEOらが業務効率改善の必要性とガバナンスの強化を訴えた。進出間もない企業のイベントとしては破格の規模だ。

      社名の「ALDAGRAM(アルダグラム)」は、「ALDER(ハンノキ)」と「DIAGRAM(情報図形)」を組み合わせた造語。樹木は人間が生きていく上で欠かせない酸素の供給源であり、建設業界にとっても欠かすことのできない材料。全ての人から必要とされ、幹を中心に力強く枝葉を広げていく「樹木のような存在でありたい」というメッセージを込めた。世界で最も数多く自生するハンノキの英名と自社の強みであるデータサイエンスの象徴(ダイアグラム)から採った社名に、長濱CEOらの決意を読み解くことができる。

      業界のエグゼクティブ150人を 集めたイベントを開催

      現場のやり取りをLINE・メールで行っていませんか?

      現場情報をミスなく共有

      現場情報をミスなく共有
      PC、スマホ、タブレット。最新情報をどこでも確認できるから、メールや電話によるミスや手間がなくなります。

      最新の資料へワンクリック

      最新の資料へワンクリック
      間違って古い資料を見てしまうなんてミスも解消。迷うことなく最新資料にアクセスできます。

      移動コスト大幅削減

      移動コスト大幅削減
      リアルタイムで現場状況をシェアできるため、確認のために何度も現場と往来していた手間が省けます。

      チャットで即やりとり

      チャットで即やりとり
      これまでのメールや電話でのやり取りをチャットでスピーディーに!チャットの活用で連絡漏れも防げます。

      写真だけで1分で報告

      写真だけで1分で報告
      ExcelやWordでの報告書がすべて写真を選ぶだけのやりとりに。事務作業の負担が一気に減ります。

      サービス利用社数20,000社を突破!

      寄稿者プロフィール
      • CEO 長濱 光 氏 プロフィール写真
      • ALDAGRAM
        CEO 長濱 光 氏

        IE Business SchoolにてExecutive MBAを取得。 タイ国大手法律事務所の創業者らとFASを共同創業し、 東南アジアでM&A業務を6年間経験、大学院へ留学。 不動産系の東証一部上場企業に勤務し、リフォーム会社のM&A・PMIをリード。 2019年5月に株式会社アルダグラムを創業。


      ALDAGRAMロゴマーク

      株式会社アルダグラム(タイ駐在員事務所)

      101 True Digital Park, Pegasus Building, 5th Floor, Sukhumvit road,
      Bangchak, Prakanong, Bangkok 10260

      E-Mail:info_thai@aldagram.com

      WEB
      https://aldagram.com/ (日本)
      https://aldagram.com/th/(タイ)

      無料トライアル受付中
      https://lp.kanna4u.com/ (日本)
      https://lp.kanna4u.com/th/ (タイ)

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
            タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
          2. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
            なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
          3. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          4. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          5. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
            タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
          6. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          7. タイで注目の日系スタートアップ企業20社
            タイで注目の日系スタートアップ企業20社
          8. ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
            ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
          9. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド

          広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

          広告枠、料金など詳しい情報は
          専用ページをご覧ください。

          広告掲載についてページを見る

          お電話でのお問い合わせ+66-(0)2-392-3288

          タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

          閉じる