当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

日本M&Aセンター、タイ現地法人を設立

2024.02.08
日本M&Aセンター ~タイ現地法人設立および営業開始のお知らせ~

 

株式会社日本M&Aセンターホールディングスが、タイに現地法人「Nihon M&A Center (Thailand) Co., Ltd.」を設立し、2024123日より営業を開始した。

 

【目的】

当社グループは、近年増加する日本企業の海外進出および海外子会社の売却などに伴うクロスボーダーM&A案件に対応するため、20134月に日本M&Aセンター内に海外支援室を設置しました。

タイにおいては、202111月にASEAN5カ所目の拠点としてタイ駐在員事務所を開設し、クロスボーダーM&Aに関する情報収集を行っておりました。このたびの現地法人設立により、タイ現地にて営業活動とサービス提供を開始することで、日本とタイおよびASEANのクロスボーダーM&A案件の情報量・成約件数ともに増加を目指します。

なお当社グループでは、20164月にシンガポール・オフィス開設(20221月に現地法人として営業開始)を皮切りに、201910月にインドネシア駐在員事務所開設、20202月にベトナム現地法人設立、20203月にマレーシア駐在員事務所(202112月に現地法人として営業開始)を開設し、クロスボーダーM&A案件のサポート体制を強化しております。

 

【タイ現地法人の概要】

商号 Nihon M&A Center (Thailand) Co., Ltd.
所在地 548 One City Centre Building 19th floor, Unit 1904, Ploenchit Road, Lumpini Pathumwan Bangkok 10330 Thailand
設立日 2024年123
業務開始日 2024年123
代表者 斎藤 弘樹(さいとう ひろき)
連絡先 +66-02-251-4651 (対応可能言語:日本語・英語・タイ語)

 

【株式会社日本M&Aセンターホールディングス(東証プライム:2127)】

会社名 株式会社日本M&Aセンターホールディングス
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目82号 鉃鋼ビルディング 24
事業内容 グループ会社の経営管理等
設立 19914
代表取締役社長 三宅 卓
拠点 東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、広島、沖縄、シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア、タイ (現地法人および連結子会社である日本M&Aセンターの拠点を含む)
URL https://www.nihon-ma.co.jp/groups/

 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社日本M&Aセンター 広報担当
Email:pr@nihon-ma.co.jp

ArayZニュースレター配信中!


入力いただいたメールアドレス宛てに、ArayZ新着ニュースや注目のセミナー情報などをお送りいたします。個人情報の取り扱いについて

人気記事

  1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
    タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
  2. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
    ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
  3. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
    2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
  4. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
    Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
  5. タイのEV充電ステーションの方向性
    タイのEV充電ステーションの方向性
  6. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
    SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
  7. 【シンガポール】シンガポール、生活費が世界一=大衆車で1500万円、駐在員もつらいよ
    【シンガポール】シンガポール、生活費が世界一=大衆車で1500万円、駐在員もつらいよ
  8. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
    なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
  9. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
    タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編

閉じる