当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

ゼロエミッション輸送の実現へ EVトレーラーによる輸送をスタート

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      コンテナや大型建機などの積載・輸送が可能な電気駆動(EV)のトレーラーを使い、二酸化炭素の排出量削減に取り組む日系のロジスティクス企業がある。横浜市に本社を置く大手物流会社「日新」のタイ法人Siam Nistransだ。1回の充電で数百キロの走行が可能。燃費も大幅に改善できるという。EVトレーラーによる大型建機の輸送はタイでは初めての試みで、この業界の脱炭素化を牽引していく可能性がある。

      EVトレーラーによる輸送をスタート

      LFPタイプのバッテリー採用

      ゼロエミッション輸送
      運転席裏側、及び車体両側面に合計424kWのバッテリーを搭載。市場に流通するEVトレーラーには三元系(NMC)及びリン酸鉄系(LFP)の2種のバッテリータイプが存在するが、より安全性が高く、耐用年数も長いとされるLFPタイプを採用した。

      ゼロエミッション輸送

      EVトレーラー vs ディーゼルトレーラー
      タイ発電公社(EGAT)が発行し、国際的に認定されている”I-REC”(再生可能エネルギー証明書)を購入予定で、EVトレーラーに充電する電気は、発電の際にCO2を排出しない太陽光や風力などに由来することを公的に証明することが可能。これによりゼロエミッション輸送の提供が出来る見込みだ。

      EVトレーラー vs ディーゼルトレーラー


      ディーゼル車との対比時にEV車は車体価格や走行持続距離などで劣るものの、EV車のメリットとして、環境に優しいだけでなく、燃費が約半減、部品点数が少ないことによるメンテナンス費低減などランニングコストが低い、また、ギアチェンジ不要のオートマ式の為、運転手への負荷も低減できることが挙げられる。

      入札の条件になるほど

      Siam Nistransの元には、このところ自動車メーカーなどの取引先から脱炭素に関する問い合わせが相次いでいる。例えば、タイ国内の生産工場からタイ最大の貿易港レムチャバン港までの輸送をめぐって、カーボンニュートラル(炭素中立)に向けた取り組みができないかなどというのがその主な内容だ。

      脱炭素の動きはもはや工場内の生産工程だけにとどまらない。原料・部品の調達から輸送・保守・メンテナンスに至るまで、およそ生産の前後に関わる全ての工程で対策が求められているという。入札の条件にさえも挙がるほどといい、同社でも大型車両の運搬ができるトレーラーのEV化は、急を要する課題として浮上していた。

      社内検討の結果、EVトレーラーの導入により、ディーゼル車使用時との比較で4割程の脱炭素効果を見込む。また、太陽光などの再生可能エネルギーにより発電された電気の使用を証書化した「I-REC」(グリーン電力証書)の取得を申請中で、EVトレーラー+「I-REC」の組み合わせによりゼロエミッション輸送(二酸化炭素排出ゼロ)の実現を目指している。この環境に優しい物流を一つの選択肢として提供していくことで、今後更に強くなるであろう環境配慮に対する顧客のニーズを捉えると同時に、地球環境の保護に大きく貢献ができると考えている。

      入札の条件になるほど

      効率的な運用でコスト問題を克服

      だが反面で、大きな問題も浮上した。車両価格だった。同社が導入を決めたトレーラーは424キロワットの大容量バッテリーを搭載し、1回の充電で走行可能な距離は600キロ。建機など大型車両を積載した状態でも300キロの走行ができる。しかし、車両価格が高い。一般的なディーゼル製トレーラーの2倍以上にもなるといい、採算性の問題が浮上したのだった。

      これを克服するために見直しが行われたのが、効率的な運用だ。現在は片道60kmのルートを1日2往復、週6日間定常的に運行することで、稼働効率を上げ、輸送費用への転嫁を最大限抑制している。同時に、高速充電が可能な大容量充電設備を自社用地に導入しており、輸送作業途中に高速充電を実施することで、1日2往復から更に稼働率を上げられる見込みだ。
      同社は他にも環境に配慮した物流メソッドを提供している。顧客の製品形状に適合させた繰り返し使用の出来る輸送用容器の提案や同容器の管理システムを提供しており、梱包資材削減による費用削減及び環境負荷低減に繋げることが出来る。

      2023年4月に着任したばかりの現地法人社長の八束孝俊氏は、「脱炭素化の意識が予想以上に高いことに驚いた。しっかりとニーズを汲み取って、確かなサービスを提供したい」と話す。タイ国内におけるEVトレーラーの流通はまだ始まったばかりだが、公的機関や大手企業を中心にトライアルを含め、徐々に導入数が増加している。特に定型輸送ルートがある場合は導入しやすい傾向にある。サステナビリティへの取り組みとしてEVトレーラーの導入にご興味のある企業様は下記担当まで。


      Siam Nistrans Co., Ltd.

      Siam Nistrans Co., Ltd.

      担当:姫野

      Mobile:06-3205-8757

      E-Mail:himeno@th.nissin-asia.com

      WEB
      https://www.th.nissin-asia.com/jp/

      15th Fl., 191/66, 68-69 CTI TOWER, Ratchadapisek Rd., Kwang Klongtoey,
      Khet Klongtoey, Bangkok 10110 THAILAND

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
            タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
          2. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
            なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
          3. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          4. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          5. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
            タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
          6. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          7. タイで注目の日系スタートアップ企業20社
            タイで注目の日系スタートアップ企業20社
          8. ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
            ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
          9. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド

          広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

          広告枠、料金など詳しい情報は
          専用ページをご覧ください。

          広告掲載についてページを見る

          お電話でのお問い合わせ+66-(0)2-392-3288

          タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

          閉じる