当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

Tokyo SME

Tokyo SMEビジネスウィーク in Thailand 2023 開催

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      東京都中小企業振興公社(Tokyo SME)は7月24〜27日の4日間に亘り、「Tokyo SME ビジネスウィーク in Thailand 2023」と題し、新規駐在員やタイ進出を検討する経営者を対象に、企業経営における留意点や業界最新動向について現場目線で解説するセミナーを開催した。4日間を通し、約300名が参加した。

      24〜26日の3日間はTokyo SMEの相談員として所属する専門家など10名の登壇者がオンラインで解説、参加者からの質問に答えた。右記の質問をはじめとする、タイの法務・労務・税務、FDAの具体的な事案、脱炭素に向けた動きなど80を超える質問が集まった。

      4日目はHotel Nikko Bangkokにて、タイ最大級の日系大手百貨店であるSIAM TAKASHIMAYAの奥森Managing Directorを招き、タイにおけるリテールマーケットの最新動向について紹介した。

      Tokyo SMEではセミナーを通してだけでなく、公的機関のセカンドオピニオンとして平日午後に無料で専門家への相談が可能。また、専任のマッチングアドバイザーが販路拡大のサポートを行うなど、タイ進出のサポートや在タイ日系企業、現地企業とのマッチング支援を行なっている。

      Q1.新たにFDA申請に取り組む予定だが、日系企業が躓きやすいポイントについて知りたい

      A:対象製品に関する資料の収集が可能かどうかが重要です。 輸入許認可申請時は製品情報(仕様・成分表等)の開示が必須であり、自社製品でない場合は、製造業者から書類の収集が必要となるため、製造業者との関係性・事前のコンセンサスをとることが大事です。また、タイ国官公庁への申請書類は原則タイ語、一部は英語にて提出となるため、言語への対応力も重要となります。何より、折れない心と立ち向かう勇気が必要です。

      Q2.工場で発生する使用済原料の処分・再利用について、マニフェストを出さないと再利用・廃棄対応ができない可能性を供給会社から示唆されている。
      産業廃棄物管理法令に基づき、産業廃棄物としての処理が必要かどうか教えてほしい

      A:工場法に基づき認可が付与されるタイミングで業種番号が指定され、リサイクル業ライセンスの種類、廃棄物業者の扱いが決まります。廃棄物コードにより「有害・非有害・分析による判定」の3つに区分され、最終的に有害判定となった場合は供給側に許認可が必要となります。受け入れ側の審査・契約書の締結も必要となるため、原則として許可がないと供給ができません。製造工程から発生する不要品・使用しないものはすべて廃棄物処理の判定となるため、対応が必要です。

      Q3.タイの健康食品市場のトレンド、競合、価格帯について知りたい。
      日本生産で勝負ができるのか?日本製として付加価値の付け方なども知りたい

      A:タイでも健康意識が高まっているため、自然な原料やオーガニック製品への需要が増えています。植物性食品やヴィーガン食品への関心が高まり、豆やナッツ、シード、野菜、果物を活用したプラントベースド・ダイエットの普及が見られます。ファンクショナルフードへの需要が増えており、免疫力向上や腸内健康の促進を謳った製品が人気です。COVID-19の影響によりオンラインでの健康食品の販売も拡大しており、魅力的なパッケージング・ブランディングの強化、インスタ映えするデザインやラベルが重視されています。

      Tokyo SME Support Center

      タイ現地経営における様々な課題について、 公的機関のセカンドオピニオンとして“無料”で相談が可能です。


      Tel: +66(0)2-611-2641

      E-mail: thai-branch@tokyo-kosha.or.jp

      Web: https://www.tho.tokyo-trade-center.or.jp/

      20 Floor Interchange21 Bldg, 399 SUKHUMVIT ROAD, KLONGTOEY NUA, WATTANA, BANGKOK 10110 THAILAND

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
            タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
          2. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          3. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          4. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
            なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
          5. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
          6. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          7. タイの歴史の振り返りと未来展望
            タイの歴史の振り返りと未来展望
          8. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
            タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
          9. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
            SMG(サイアム・モーターズ・グループ)

          閉じる