当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

RFIDタグで現場のDX化を促進――TOPPANグループがタイ市場にてRFID事業に本格参戦

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      電波・電磁波を使って非接触で読み書きを行い、在庫管理や棚卸しに活用できる技術「RFID(Radio Frequency Identification)」。データが記録されたRFIDタグは紙のように薄く、手のひらサイズ。製造現場では製品や車両の位置情報管理、医療現場では医療機器の在庫確認など、さまざまなモノに貼り付けて、リーダー・ライターで読み取れば、所在や数量の確認、管理がお手のものだ。
      印刷から始まり、現在はDXにも力を入れるTOPPANホールディングス傘下のTOPPANエッジは、RFID事業において日本で20年の実績を持つ。タイ市場でのRFID事業に本格参戦の動きを見せる同社の染森氏、岡氏に話を聞いた。
      染森 和彦 氏│フォームシステム部門にて第三次オンライン化に伴う大手金融機関の帳票設計を複数手掛ける。その後、営業部門にて、大手金融機関を通算30年間担当。2022年4月に執行役員に就任。2023年4月より現職。
      岡 正俊 氏│2002年よりRFIDシステム開発に従事。製造業・医療関連でのRFIDシステムの開発・構築に従事し、2012年には病院向けRFID導入案件で自動認識システム大賞を受賞。その後も複数の導入プロジェクトに参画。2021年4月より現職。

      印刷の枠を超えてDX化を促進

      創業は1965年。ビジネスシーンで活躍する事務用帳票(ビジネスフォーム)の印刷事業から始まったTOPPANエッジは、ビジネスフォームを情報伝達を支える「情報の器」と捉え、あらゆる情報を円滑に伝えるためのプロフェッショナルを目指してきた。紙媒体にとらわれず、時代に合った多様な形に発展させてきた彼らが現在注力しているのがRFIDタグの販売及びソリューションの提供だ。

      注目したのはアジアマーケットのハブともいえるタイ市場。同社は東アジア・ASEAN諸国を中心に関係会社を有しており、タイには1984年に設立した現地法人のTOPPAN Edge (Thailand)Limitedがある。タイ国内で印刷事業に加え、カードの製造・発行、セキュリティ関連商材の分野でも高いシェアを持ち、長年「タイ国民IDカード」の製造・発行処理など、政府大型案件の受注や現地企業との取引拡大により、安定成長を続けている。

      日系企業があまた進出し、地場産業・企業の成長も著しいタイ市場。同社はここで現地法人のTOPPAN Edge (Thailand) Limitedと共に、RFID事業に本格参戦する。当面、特に注力するのは、製造、医療現場でのRFID導入だ。製造現場の自動化促進、品質の向上・安定化や医療現場での作業効率向上、ヒューマンエラー防止のための活用を見込む。

      タイにおけるRFID展開

      競合は決して少なくないが、生き残る自信は十分だと同社は語る。根拠となるのは長年にわたって開発を続けてきた製品の性能及び品質だ。RFIDタグは通常、金属面に貼ると電波干渉が起こり、読み取りづらくなる。屋外に据え置けば熱や雨に当たり、劣化も早い。

      同社のRFIDタグは、日本での20年間の実績の中で、現場の環境や利用状況に応じて開発を繰り返し、用途に適したタグを作り上げてきた。そのため、形状、薄さ、耐熱・耐久性など、多様な用途に応じて豊富なラインアップを持ち、最適な一枚を見つけることができる。さらに、顧客の条件に応じたカスタマイズも可能だ。アンテナ設計に豊富な実績・ノウハウを持ち、顧客に寄り添ったオーダーメイド型のタグ開発を強みとする。

      品質面では工場出荷前の全数通信検査と外観検査を実施し、100%良品出荷を約束する。染森氏、岡氏は、「酷暑が続く熱帯のタイでも、利用条件や用途に最適な、長期間性能を維持するタグを提供できる」と自信を見せる。

      RFIDは技術開発で年々通信距離を伸長しており、現在では10m以上の通信が可能なタグもある。遠くにある複数のタグを一気に読み取りできる特性から応用範囲は広い。少子高齢化や、今後更なる人件費高騰が懸念されているタイ市場でも、人の手に頼っていた作業を自動化することで、現場の自動化や作業効率・品質の向上にうってつけだ。

      今後は日本で築き上げた技術、ノウハウをタイの現地法人TOPPAN Edge (Thailand) Limitedと共に展開し、タイ市場でDX化へのさらなる貢献を目指す。

      製造業の導入事例をみる
      https://rfid.toppan-edge.co.jp/solve/lp_manufacture.html

      医療現場の導入事例をみる
      https://rfid.toppan-edge.co.jp/solve/lp_medical.html


      【お問い合わせ】

      TOPPANエッジ株式会社
      edge_gl@toppan.co.jp
      担当:植村・渡邉(日本語・英語)
      https://www.edge.toppan.com/

      TOPPAN Edge (Thailand) Limited
      waraporn_n@toppan-edge.co.th
      担当: Waraporn(タイ語・英語)
      https://www.toppan-edge.co.th/th/home/

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
            タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
          2. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
            なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
          3. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          4. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          5. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
            タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
          6. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          7. ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
            ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
          8. タイで注目の日系スタートアップ企業20社
            タイで注目の日系スタートアップ企業20社
          9. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド

          広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

          広告枠、料金など詳しい情報は
          専用ページをご覧ください。

          広告掲載についてページを見る

          お電話でのお問い合わせ+66-(0)2-392-3288

          タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

          閉じる