当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

2023年のタイのEV電気自動車はどんな車種がある?

2023.03.01

今年のタイの電気自動車やEVの市場は活況を呈することが予想される。気になるブランドやモデルは?価格、走行距離、各ブランドが1回の充電で何キロ走れるか、ご紹介していきたい。

BYD

BYDは、タイのBYD車の公式販売代理店およびアフターサービスプロバイダーであるRever Automotive Co., Ltd.を通じて我が国で販売されている。BYD ATTO3モデルには、1時間あたり60.48kWの容量を持つBYDブレードバッテリー(LFP)からの電力を搭載した電気自動車があり、最大出力150kWまたは201馬力、最大トルクを提供する。310Nmの走行距離NEDC規格では480kmWLTP規格では420 km7.3秒で0-100 km/h加速。

電動パワーアシストステアリング (EPS)サスペンションとマルチリンクリアサスペンション フロントブレーキシステム、ベンチレーテッドディスクブレーキACタイプ2およびDC-最大80kWCCS2充電ヘッドをサポートし、ブレーキシステムからのエネルギー回収で最大2.2 kWの電力を供給できるV2L(Vehicle To Load)システムを備えている。

出典:https://www.thansettakij.com/motor/ev/556055

・ BYD ATTO3、標準範囲モデル、価格1,099,900バーツ
・ BYD ATTO 3Extended Rangeモデル、価格1,199,900バーツ

長城汽車(GWM

GWM Great Wall GWM Motorsは、ORA Good Catをタイ市場に投入した後、話題を巻き起こし、ORA Good Cat3つのモデルで展開されている。

出典:https://www.thansettakij.com/motor/ev/556055

・ ORA Good Cat 400 Pro、価格828,500バーツ
・ ORA グッド キャット500ウルトラ、価格959,000バーツ
・ ORA グッド キャット GT価格1,286,000バーツ

ORA Good Cat 400 Proモデルは1回のフル充電で400km走行でき、ORA Good Cat 500 UltraおよびORA Good Cat GT モデルは500 km走行できる。DC急速充電(30%-80%)の場合は3240分、DC急速充電(0%-80%)の場合は4660分、AC電源での通常の充電には810時間を要する。

MG

MGには、MG4 ElectricMG ZS EVMG EP3つの電気自動車がある。

MG4 ELECTRIC1回の充電で425km走行でき、約35分でQUICK CHARGE(0%–80%)として充電できる。 MG4 ELECTRICには次の2つのモデルがある。

出典:https://www.thansettakij.com/motor/ev/556055

・ MG4 ELECTRIC モデルD 価格869,000バーツ
・ MG4 ELECTRIC Model X 価格969,000バーツ

MG ZS EVは、1回の充電で403km走行可能。約30分かかるが、急速充電(0%-80%)として充電することができる。MG HOME CHARGER(0%-100%)を介した通常充電には約7時間15分かかる。MG ZS EV には2つのモデルが含まれている。

出典:https://www.thansettakij.com/motor/ev/556055

・ MG ZS EV モデルD 価格949,000バーツ
・ MG ZS EVモデルX 価格1,023,000バーツ

MG EPは、フル充電で380キロ走行可能。急速充電(0%-80%)の場合は約40分、MG HOME CHARGERによる通常充電(0%-100%)の場合は約7時間15分で充電できる。

MG EP 価格 771,000バーツ

NETA

出典:https://www.thansettakij.com/motor/ev/556055

新しい電気自動車ブランドと言われ、センセーションを巻き起こした「NETA V」(ネッタ ブイ)モデルの多目的車の発売により、最大384km/フル充電(NEDC基準)、通常充電、NETA Wall Boxを通じた交流(AC)のNormal Charge0-100%充電に約8時間、直流による急速充電を行うことができる。(DC)によるクイックチャージは、30%80%の充電を約30分で行うことが可能。

・ NETA V 価格 549,000バーツ

テスラ

出典:https://www.thansettakij.com/motor/ev/556055

タイでは、電気自動車のブランドとして多くの人に知られているテスラ・タイランドが正式に参入。 Model 3Model Yを輸入し、市場をスタートさせた。

テスラ モデル3
・ シングルモーター 後輪駆動、価格1,759,000バーツ
・ 2モーター、四輪駆動、ロングレンジ、価格1,999,000バーツ
・ 2モーター、四輪駆動性能、価格2,309,000バーツ

テスラ モデル Y
・ シングルモーター 後輪駆動、価格1,959,000バーツ
・ 2 モーター、4 輪駆動、長距離、価格 2,259,000 バーツ
・2モーター、四輪駆動性能、価格2,509,000バーツ

後輪駆動バージョンのTesla Model Yの場合、1回のフル充電での航続距離は510km。ロングレンジ四輪駆動モデルはフル充電で626km走行可能。また、4輪駆動のパフォーマンスモデルでは、1回の充電で582kmの距離を走行できる。

ソース:https://www.thansettakij.com/motor/ev/556055

ArayZニュースレター配信中!


入力いただいたメールアドレス宛てに、ArayZ新着ニュースや注目のセミナー情報などをお送りいたします。個人情報の取り扱いについて

人気記事

  1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
    タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
  2. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
    なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
  3. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
    Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
  4. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
    ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
  5. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
    タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
  6. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
    タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
  7. タイで注目の日系スタートアップ企業20社
    タイで注目の日系スタートアップ企業20社
  8. ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
    ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
  9. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
    2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド

広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

広告掲載についてページを見る

お電話でのお問い合わせ+66-(0)2-392-3288

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

閉じる