当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

タイ大林がナナ駅直結のオフィスビル開業 グループ最大の賃貸物件

2022.03.25

大林組のタイ現地法人、タイ大林がバンコク中心部で2019年から開発を進めていた大型オフィスビル「O-NES TOWER」が開業した。

「O-NES TOWER」はBTSのナナ駅に直結。地下5階、地上29階建てで延べ床面積は8万5,000m²。1974年設立のタイ大林としては初となる本格的な不動産開発案件となり、大林グループが単独所有する最大の賃貸物件になった。

2021年9月施行の新たな耐震基準を先行して導入するため、円・角型の鋼管の中にコンクリートを充てんし、耐震性や耐火性を高めるCFT(コンクリート充てん鋼管構造)柱や1階から7階にかけたV字形の鉄骨柱「Vコラム」などが導入された。

その他、現代美術作家の杉本博司氏によるタイにおける初めてのパブリックアートとして、彫刻作品「数理模型021 超球面:負の定曲率回転面」が設置される。

タイ大林では、2025年以降にBTSのラチャダムリ駅前の約9,000m²の土地に大型複合ビルを建設することが決定している。

 

ArayZニュースレター配信中!


入力いただいたメールアドレス宛てに、ArayZ新着ニュースや注目のセミナー情報などをお送りいたします。個人情報の取り扱いについて

人気記事

  1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
    タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
  2. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
    Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
  3. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
    ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
  4. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
    なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
  5. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
    2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
  6. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
    SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
  7. TCCグループ
    TCCグループ
  8. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
    タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
  9. 【シンガポール】シンガポール、生活費が世界一=大衆車で1500万円、駐在員もつらいよ
    【シンガポール】シンガポール、生活費が世界一=大衆車で1500万円、駐在員もつらいよ

閉じる