当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

プロダクション・ゾミア、NGOと協働し作品を届けるプロジェクト〈 ZOMIA IN THE CLOUD 〉を実施

2023.11.21
難民や少数民族の支援活動等を行うNGOと協働し、作品を届けるプロジェクト〈 ZOMIA IN THE CLOUD 〉を実施

プロダクション・ゾミアは、2023年12月9日より開催される「タイランドビエンナーレ チェンライ2023」に「Zomia Pavilion」として参加します。チェンライ近郊のいくつかの地域で、難民や少数民族の支援、教育や福祉活動などを行っているNGOなどが運営する様々な場所に、作品を届けるプロジェクトを実施し、チェンライ市内のシンガクライ・ハウスにて5名のアーティストによるグループ展を開催します。

プロダクション・ゾミアは、タイ/ラオス/ミャンマーの国境が隣接する地域で暮らしてきた人々や自然の生き物たちと関わるプロジェクトを提案します。彼らは長い時間をかけて生態系を形成し、流動的で生き生きとした生活を営んできましたが、近年、国家権力やグローバルな経済開発によってその領域が侵食されています。その結果、故郷を離れて他地域への移住を余儀なくされる少数民族や難民などが年々増加しています。

私たちは、表現する行為やアート活動による連帯が個人を解放し、肯定し、力を与えることができると信じ、それを困難な状況にある人々に届けたいと願っています。

そこで、チェンライ近郊やアジアの一部地域で、難民支援、少数民族支援、教育支援、福祉活動などを行っているNGOなどが運営する様々な場所での展示活動のプラットフォームを構築します。

ウェブサイト上でプロジェクトを告知し、参加を希望する団体にウェブサイトへのアクセス権を与えます。20名を超える国際的に活躍するアジアのアーティストが制作した作品(絵画、写真、映像など)を自由にセレクトし、必要と思われる場所で無料で展示することができます。ギャラリーや専用の展示施設は必要なく、学校、図書館、病院や集会所など、適切な場所を見つけ、そこに作品を設置、上映や配置をすることができます。こうすることで、作品は通常の来場者とは異なる観客、つまり抑圧的で不平等な状況にあり、解放と連帯を必要としている人々とアートが出会うことができるのではないでしょうか。

これはまた、9.11以降、新たな帝国主義が台頭する中、異なる社会を構想するプロジェクトとして2003年に立ち上げられた「ユートピア・ステーション」への、20年後のオマージュでもあります。

同時に、市内のアートスペースを会場(シンガクライ・ハウス)とし、新たに委嘱された作品やアウラ現代藝術振興財団のコレクションを展示します。

■〈 ZOMIA IN THE CLOUD 〉プロジェクト

会期:2023年12月9日〜2024年4月30日(予定)

会場:チェンライ近郊のNGO団体等が管理する施設など
(※本プロジェクトは、協力NGO団体等により展示されるため、一般公開ではありせん。)

参加アーティスト:イルワン・アーメット&ティタ・サリナ、アウン・ミャッテー、メッチ・チューレイ、モンティカ・カムオン、廣瀬智央、ビー・タケム・パッタノパス、ピヤラット・ピヤポンウィワット、クゥイン・ドン、狩野哲郎、アワヤ、クゥワイ・サムナン、ゴック・ナウ、スーリヤ・プミポン、リノ・ヴース、リム・ソクチャンリナ、ソム・スパパリンヤー、マウン・デイ、bacilli (バシライ)、リ、シュエ ・ウッ・モン、ティン・トン・チャン、メッチ・スレイラス、トゥアン・マミ、カニータ・ティス 他

協力NGOs:カミリアン・ソーシャルセンターチェンライ、山地民コミュニティ財団、山地民博物館・教育センター、難民を助ける会、ジャパンハート、さくらプロジェクト、ピースウインズジャパン、ベトナム夢KOBE、ソーシャルコンパス 他

■〈 ZOMIA IN THE CLOUD 〉シンガクライ・ハウス

会期:2023年12月11日〜2024年2月28日

会場:シンガクライ・ハウス(Singhaklai House、チェンライ)
628 Singhaklai Road near the intersection of Ko Loi Road in Chiang Rai City

展示アーティスト:リ、シュエ ・ウッ・モン、アウン・ミャッテー、カニータ・ティス、前田耕平

■関連イベント

「Vol.2 『場所』を超えていくための芸術」

内容:秋田公立美術大学大学院複合芸術研究科主催による国内外のゲストを交えて複合芸術の可能性を多様な視座から検討する公開型のイベント「複合芸術会議」の一環として、開催します。

日時:12/16(土)14時 – 16時(タイ時間、日本時間16時-18時)

司会/モデレーター:藪本雄登(プロダクション・ゾミア ゾミアパビリオン担当キュレーター)

モデレーター:マヌポーン・ルアングラム(タイランドビエンナーレ2023担当キュレーター)

ゲストスピーカー:ブスイ・アジョウ(タイランドビエンナーレ出展アーティスト)
ゲストスピーカー:清水郁郎(アカ族家屋研究者、建築人類学者)

主催:秋田公立美術大学、タイランドビエンナーレ実行委員会

会場:シンガクライ・ハウス(タイ・チェンライ 「ゾミア・パビリオン」会場)
※現地からのオンライン(日本語・タイ語通訳予定)、アーカイブ配信あり

■Thailand Biennale Chiang Rai 2023:The Open World

https://www.thailandbiennale.org/en/


【お問い合わせ先】
プロダクション・ゾミア
MAIL: contact@productionzomia.com
WEB: https://productionzomia.com/

ArayZニュースレター配信中!


入力いただいたメールアドレス宛てに、ArayZ新着ニュースや注目のセミナー情報などをお送りいたします。個人情報の取り扱いについて

人気記事

  1. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
    Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
  2. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
    タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
  3. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
    ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
  4. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
    2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
  5. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
    なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
  6. タイのEV充電ステーションの方向性
    タイのEV充電ステーションの方向性
  7. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
    タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
  8. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
    タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
  9. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
    SMG(サイアム・モーターズ・グループ)

閉じる