当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

ASIAビジネス法務 最新アップデート

ラオスにおける両替業について

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      1. 背景

      2022年10月1日より「改正外国為替管理法(以下、外為法)」が施行されています。同法の中には、両替業に関する規定も含まれています。他方、両替業に関して「外貨両替業における合意(No.393)」及び「商業銀行及び外貨両替代理店の両替業に関する合意(No.449)」という二つの合意も別途存在しており、外為法との整合性を合わせる必要性が出てきました。

      そこで今回、ラオス中央銀行(以下、中銀)は、上記二つの合意を無効として、これに代わる新たな合意「両替業に関する合意(No.1026)(以下、合意)」を22年12月28日付で発行、施行しています。

      2. 両替業

      外為法第9条によると、ラオスにおいて外貨を現地通貨ラオスキープ(以下、キープ)に両替する場合は、ラオス国内の商業銀行でしか両替を認めないことが規定されています。さらに、外為法第37条及び合意第2条には、「両替業はラオス国内の商業銀行のみが行うことができるサービス」であることが明記されています。

      これまでは、無効となった二つの合意に基づき、ラオス人個人や法人が商業銀行と業務契約を結び、代理店として登録することで両替所を営むことができていました。しかしながら、外為法及び12月発行の新たな合意に基づいた23年1月13日付の中銀からの通知により、「両替業は商業銀行のみが提供できるサービスである」という規定を厳格に実施することになりました。その結果、ラオス国内6行の代理店として登録されていたラオス国内113の両替所が、すべて営業停止となりました。

      さらに、下記の1)から6)の場所において両替所が存在していない場合、商業銀行は、下記を運営する法人と契約を結び、両替所を設立することが可能となっています(合意第6条、第8条)。

      1. 1) 3星以上のホテル又はリゾートホテル
      2. 2) 国際空港又は国境
      3. 3) 鉄道の駅
      4. 4) ドライポート
      5. 5) カジノ施設
      6. 6) 中銀が定期的に定めるその他の場所

      これまで街中の至る所に両替所がありましたが、今後は両替所の場所が限定されると解釈できます。

      3. 外貨の売買

      両替所は個人からのみ外貨を購入することが可能ですが、購入した外貨はすべて7営業日以内に自身の商業銀行へ販売する必要があります。他方、国境や国際空港内にある両替所は、ラオスから出国する個人に対してのみ、外貨を販売することを認めることを検討すると規定されています(合意第13条)。

      よくある質問として、旅行者が使い切れなかったキープを外貨に戻すことは可能かという問題がありますが、合意第13条に基づくと、ラオスから出国する旅行者に対しては、キープから外貨への両替できる可能性はゼロではないと解釈できます。しかしながら、これまで通りキープから外貨への両替は原則、難しい状況には変わりないため、引き続き留意が必要です。

      寄稿者プロフィール
      • 内野里美 プロフィール写真
      • 内野里美 

        One Asia Lawyersラオス事務所に駐在。ラオス国内で10年以上の実務経験を有する。ネイティブレベルのラオス語を駆使し、現地弁護士と協働して各種法律調査や進出日系企業に対して各種法的なサポートを行う。
        E-mail:satomi.uchino@oneasia.legal

      • One Asia Lawyers
        One Asia Lawyersは、日本及びASEAN及び南西アジア各国の法に関するアドバイスをシームレスに、一つのワン・ファームとしてワン・ストップで提供するために設立された、日本で最初のASEAN及び南西アジア法務特化型の法律事務所です。
      • 【One Asia Lawyersグループ ラオスオフィス】
        Phanthaly Law: 2nd Floor, Vieng Vang Tower, Bourichane Road, Unit 15, Dongpalane Thong Village, Sisattanak District, Vientiane Capital, Lao PDR Lao
        +856-205453-0065
      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
            タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
          2. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
            なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
          3. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          4. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          5. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
            タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
          6. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          7. タイで注目の日系スタートアップ企業20社
            タイで注目の日系スタートアップ企業20社
          8. ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
            ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
          9. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド

          広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

          広告枠、料金など詳しい情報は
          専用ページをご覧ください。

          広告掲載についてページを見る

          お電話でのお問い合わせ+66-(0)2-392-3288

          タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

          閉じる