当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

アスエネとSBIホールディングスが新会社「Carbon EX」を共同設立

2023.06.08

大手金融機関グループとして日本初*のカーボンクレジット・排出権取引所を開設し、
日本・アジアNo.1を目指す

アスエネ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:西和田 浩平、以下「アスエネ」)とSBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:北尾 吉孝、以下「SBI」)は、カーボンクレジット・排出権取引所の開設を目指す新会社Carbon EX株式会社(以下「Carbon EX」、呼称:カーボンイーエックス)を共同設立した。共同代表取締役兼Co-CEOとして、アスエネ代表の西和田 浩平、SBIグループからは竹田 峻輔の2名が就任する。
*日本の大手金融機関グループがカーボンクレジット・排出権取引所の開設を表明することは日本初(SBI/アスエネ調べ)

Carbon EXについて

Carbon EXは、CO2排出量見える化・削減クラウド「アスゼロ」の提供やカーボンクレジットの売買などを通じて脱炭素社会実現のためのビジネスを展開するアスエネと、多様な金融サービス事業を展開し私設取引システム(PTS)運営の知見・ノウハウも有するSBIの新会社として本年6月に設立された。

Carbon EXは、海外・日本の森林/自然由来のクレジット、二酸化炭素回収・貯留技術、再エネ・省エネなどのクレジット創出事業者やトレーダーなどの販売主と大企業などの購入者が参加し、ボランタリーカーボンクレジット、J-クレジット、非化石証書などの幅広いカーボンクレジットやESG商品を取り扱うカーボンクレジット・排出権取引所を、大手金融機関グループとして日本で初めて開設すべく準備を進めていく。また、同取引所を「アスゼロ」とも連携させることで、顧客への付加価値の最大化を図り、Net Zeroに向けた新たな産業を創出していく。

Carbon EX 会社概要

会社名:Carbon EX株式会社

代表取締役:Co-CEO 西和田 浩平、Co-CEO竹田 峻輔

所在地:東京都港区六本木一丁目6番1号

設立:2023年6月2日

資本金:1億円(資本準備金を含む)

株主構成:アスエネ株式会社 50%、SBIホールディングス株式会社 50%

URL:https://carbonex.co.jp

 

両社からのコメント

SBIホールディングス 代表取締役会長兼社長 北尾 吉孝

「地球温暖化を起因とする自然災害の増加は、甚大な人的被害・経済損失をもたらすリスクであり、各企業においてさらなる気候変動対策が求められる中、カーボンクレジットへの注目は今後より一層高まってくるものと考えられます。この度、当該分野で知見を有するアスエネ株式会社と、多様な金融サービス事業を展開し私設取引システム(PTS)運営の知見・ノウハウも有するSBIグループの知見や専門性を融合し、新たなカーボンクレジット・排出権取引所の設立に取り組むことで、事業を通じた気候変動対策とサステナブルな社会の実現に貢献するとともに、国家目標である2050年カーボン・ニュートラルの実現に寄与してまいります」

アスエネ 代表取締役CEOCarbon EX共同代表取締役Co-CEO 西和田 浩平

「世界的なNet Zeroとカーボンクレジット取引増加の大きな流れの中、広大なグループネットワークと取引所運営の豊富な経験、ノウハウをもつ大手金融機関のSBIホールディングスと共に、新会社を設立することができ大変光栄です。企業のクレジット取引増加による新しい金融の形を創ることで、各国の規制に基づく炭素税の負担を減らし、CO2排出量の吸収・除去・削減にインセンティブを付けることができ、社会の構造的な変革に繋がると確信しています。今後も多くの企業と共創と連携をして、さらなる脱炭素やESGの新たな産業の創出をリードしてまいります」

 

アスエネ 会社概要

会社名:アスエネ株式会社

事業:CO2排出量見える化・削減・報告クラウドサービス「アスゼロ」、ESG評価クラウドサービス「ESGクラウドレーティング(ECR)」、カーボンクレジット・排出権取引所 「Carbon EX」の運営

資本金:25億2,681万円(資本剰余金含む)

代表者:代表取締役CEO 西和田 浩平

株主:経営陣、インキュベイトファンド、環境エネルギー投資、STRIVE、パビリオンキャピタル(シンガポール政府/テマセク傘下ファンド)、Salesforce Ventures、SBIインベストメント、GMO VenturePartners、Sony Innovation Fund、GLIN Impact Capital、Axiom Asia Private Capital等

創業:2019年10月

住所:東京都港区虎ノ門1丁目17−1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー 15階 CIC TOKYO

URLhttps://earthene.com/corporate/

 

SBIホールディングス 会社概要

会社名:SBIホールディングス株式会社

代表者:代表取締役会長兼社長 北尾 吉孝

設立日:1999年7月8日

本社:東京都港区六本木一丁目6番1号

URL:https://www.sbigroup.co.jp/


本プレスリリースに関する問い合わせ先:

アスエネ株式会社 050-3188-4866

SBIホールディングス株式会社 コーポレート・コミュニケーション部 03-6229-0126

お問い合わせURL:https://earthene.com/corporate/form/contact

ArayZニュースレター配信中!


入力いただいたメールアドレス宛てに、ArayZ新着ニュースや注目のセミナー情報などをお送りいたします。個人情報の取り扱いについて

人気記事

  1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
    タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
  2. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
    Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
  3. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
    ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
  4. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
    なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
  5. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
    タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
  6. タイの歴史の振り返りと未来展望
    タイの歴史の振り返りと未来展望
  7. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
    2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
  8. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
    タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
  9. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
    SMG(サイアム・モーターズ・グループ)

閉じる