当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

HAUP CARのアプリを介してVOLT CITY EVを購入前にレンタル試乗可に

2023.03.02

EV Primus Co., Ltd.マルチブランドEVディストリビューターは、HAUP CARのアプリを通じて電気自動車VOLT CITY EVを短期間試乗してみたい消費者向けのオプションを追加。

・日単位のレンタル

・時間単位のレンタル

「EVプリムスは、バンコクにあるHAUP CARのステーションにVOLT CITY EVを送るので、EVの使い勝手を体験したい方に最適です。VOLT CITY EVのリアルな使い方を体験したい人にとって、Minimal EVは、電気自動車を使いたい都会人に適しているのです。」とEV Primus Co., Ltd.の社長であるPittaya Thanadumrongsak氏は述べている。

VOLT CITY EVには、2つのモデルがある。

・VOLT FOR-TWO
11.8kWhのリン酸リチウムイオンバッテリーを搭載。電気モーターは最高出力40ps、最大トルク90Nm、1回の充電での最大走行距離は165km。

・VOLT FOR-FOUR
16.5kWhのリン酸リチウムイオンバッテリーを搭載。電気モーターは最大出力46ps、最大トルク102Nm、1回の充電での最大走行距離は200km。

 

充電しながら 自宅と公共の充電スタンドの両方で交流充電に対応。充電時間は約6時間。

1回の充電で160〜200kmの走行が可能。都市での使用を希望する顧客向けのCity EVとして販売されている。

一般顧客のセカンドカーとして、コストの節約を図りたい顧客にも便利に利用されている。

シティEVとはいえ、十分なスペースがあり便利な使い方をサポートしていると考えられている。

VOLT CITY EV、レムチャバン港で初入荷

出展:https://www.bangkokbiznews.com/auto/1051515

VOLTについては、中国ASEAN自由貿易協定に基づき、中国工場(CBU)から輸入関税を支払わずに輸入可能であるが、同社は2023年9月頃に国内生産(CKD)を予定しており、すでにチャチュンサオ工業団地に建物を建設。徐々に次のマシンを設置していく。

3〜4年の期間で生産をサポートするために約4億バーツの投資が必要であり、当初は年間4,000台の生産目標を設定しており、現在、投資取締役会のオフィスまたはたはBOIから投資促進を申請中。

政府の条件の一つとして国内での自動車の生産。EV加速使用プログラムに参加している車両用。消費税減税と直接支援の両方ともに、輸入量と同額の補償を行わなければならないと国は定めている。2024年までに生産を開始し、2025年に生産する場合は輸入量の1.5倍を生産しなければならない。

EV Primus がビジネスを行う目的は、ワンストップ ショップになることである。EVとは、顧客が選択できる幅広い製品を提供することを意味する。1つのブランドだけでなく、可能性のある製品を選択しようとするため、市場に参入するタイの人々のニーズに応え、現在、VOLTのブランドは1つであるが、同社が以前に販売代理店を務めた後すぐに、より多くのEV Ceres (SERES) を発売する予定である。

一方、現在電動SUV市場の会社であるDFSK(DFSK)はインドネシアから輸入されており、今後はエンジンバージョンのインポートを停止し、代わりにEVバージョンのインポートに切り替えることとなる。

ソース:https://www.bangkokbiznews.com/auto/1051515

 

ArayZニュースレター配信中!


入力いただいたメールアドレス宛てに、ArayZ新着ニュースや注目のセミナー情報などをお送りいたします。個人情報の取り扱いについて

人気記事

  1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
    タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
  2. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
    Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
  3. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
    ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
  4. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
    なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
  5. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
    タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
  6. タイの歴史の振り返りと未来展望
    タイの歴史の振り返りと未来展望
  7. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
    2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
  8. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
    タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
  9. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
    SMG(サイアム・モーターズ・グループ)

閉じる