当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

タクニがマリンエンジニアリングと提携、年末までにタイで販売する電動バイクを生産

2023.03.02

タクニ派遣関連会社「セルソルタクニ」がマリンエンジニアリングカンパニーと提携。電動バイクの共同生産と組立のための生産拠点をタイに設立。2023年末の電動バイク発売を目指す。

Takuni Group Public Company Limited(タクニ)の取締役会会長兼エグゼクティブ チェアマンであるチャチャイ パユハナヴィーチャイ氏は、タクニグループの子会社であるSersol Takuni (Thailand) が、1月30日に覚書を締結したことを明らかにした。

電動二輪車の製造・組立の生産拠点をタイに設立するなど、東部経済回廊 (EEC)におけるタイの電気自動車産業を支援および促進を目的とする。

タクニは業務提携後、台湾から電動バイクの主要部品を輸入し、マリンエンジニアリングカンパニーの二輪工場で組み立てる。2023年半ばに生産を開始し、今年末にはタイ国内で販売できるようになる。

同社は、ガソリンのコストを最大10倍節約できるため、特に食べ物を配達するオートバイのグループなどの顧客から、良いフィードバックを受け取ると確信している。

チャッチャイ氏は、タクニグループ会社の事業再編計画に従って、完全な電動バイクの生産と流通事業に転換することによって、タイ国内外での販売につなげるとしている。

現在、同社は台湾に電動バイクとバッテリーの生産拠点を持っており、2023年第1四半期に「TAKUNI」ブランドで、台湾において生産・販売される予定。タイでは今年末に発売予定。

「どの国もクリーンエネルギーへの関心を高めており、これは世界的な傾向と一致しています。多くの国は、ガソリン駆動のオートバイから電気自動車への切り替えを目指しています。石油を使用するよりもはるかに安価です。タクニの電動バイクのメリットは、自分で車からバッテリーを取り出して自宅で充電できる点です。最も重要なことは、電動バイクを使用すると、ガソリン代の10倍の節約になることです。」 とチャッチャイ氏は語る。

Sersol Takuni (Thailand)は、51%の株式を保有するTakuni Group Public Company Limitedと大手企業であるSersol との合弁会社で、マレーシア証券取引所に上場しており、49%の株式を保有している。

株式会社マリンエンジニアリング代表のジェームス・リチャーズ氏は、タクニグループへの出資を決めた理由を次のように語っている。

「台湾で電動バイクを生産する専門知識をすでに持っているからです。同じ方向性のコンセプトを持っていることも含め、タクニグループとのパートナーシップによる電車生産拠点の整備・拡充環境のサステナビリティを創造したい政府の方針によって、マリングループは、EEC地域の自社工場でタクニの部品を組み立てます。また、顧客層は新世代や各種アプリのドライバーなどのB2B層となり、未成年の関連事業を含んでいます。レストラン、ホテル、ファッションなど、国際的なビジネスが展開されており、電車事業は非常に高い成長率とともに、環境を助け、また多くの節約にもなります。」

タイ自動車協会の副所長であるTripon Bunyaman氏は、政府の規制および基準を遵守するため、タイ自動車協会が電気自動車の基準を担当すると述べた。

電動バイクは、タイ国内で大きく成長している。過去1年間の登録申請数は100%を超えたことから、現在も増加傾向にあることがわかる。

ソース:https://www.bangkokbiznews.com/auto/1050691

ArayZニュースレター配信中!


入力いただいたメールアドレス宛てに、ArayZ新着ニュースや注目のセミナー情報などをお送りいたします。個人情報の取り扱いについて

人気記事

  1. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
    2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
  2. タイ鉄道-新線建設がもたらす国家繁栄と普遍社会
    タイ鉄道-新線建設がもたらす国家繁栄と普遍社会
  3. WP取得者数などで日中逆転
    WP取得者数などで日中逆転
  4. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
    Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
  5. タイの新たな電気自動車(EV)奨励策
    タイの新たな電気自動車(EV)奨励策
  6. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
    タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
  7. メコン5の2022年の振り返りと2023年の見通し
    メコン5の2022年の振り返りと2023年の見通し
  8. タイのEV充電ステーションの方向性
    タイのEV充電ステーションの方向性
  9. 中国NEV最大手BYDのタイ進出〜日系メーカーにとって黒船到来となるのか〜
    中国NEV最大手BYDのタイ進出〜日系メーカーにとって黒船到来となるのか〜

広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

広告掲載についてページを見る

お電話でのお問い合わせ+66-2651-5655

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

閉じる