当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

ICHI製造業DX特集-出展企業インタビュー

ISID South East Asia (Thailand) Co., Ltd. | タイ市場に合わせたカスタマイズソリューションで生産プロセスを最適化

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      i-reporterとSIEMENS

      システムインテグレータのISID South East Asia (Thailand) Co., Ltd.は、大手広告会社電通と米ゼネラル・エレクトリック社が1975年に合弁設立した「電通国際情報サービス」のタイ法人。2000年代初頭からタイでサービスの提供を始めている。モノづくりに欠かせないCAD/CAMシステムの導入支援から事業を興し、主に設計から生産を中心としたエンジニアリングチェーンにおける課題を改善してきた。

      ICHIパビリオンでの出展内容について教えてください

      当社では、さまざまな生産DXや製造DXのサービスをタイ市場で展開しています。今回の展示会では、帳票管理と生産計画の最適化という観点から、それぞれにおいて有益な2つの製品を紹介したいと考えています。

      一つは、シムトップス社が開発した「i-Reporter」という現場帳票の電子化システムです。誤入力の防止や無駄な入力時間の削減はもちろん、使い慣れた従来の紙帳票のレイアウトを変えずにそのまま電子帳票に置き換えられるため、現場での浸透も早いのが特長です。蓄積されたデータを分析することで、より改善の質を高めることもできます。過去8年間で3,000社以上が導入している優れたシステムです。

      もう一つが、独シーメンス社が提供し、これまでに世界中で4,000社以上が導入している生産計画システム「Opcenter」です。モノづくりの現場においてありがちな緊急の受注や生産に必要なパーツ・材料の未納といった突発事象事故。その際、いかに効率良く精度良く生産計画を改変するかが重要になります。

      これまでは計画担当者による属人的な対応によってのみ解決が図られてきましたが、離職率の高いタイではリスクも大きい。そのような状況において、生産管理システムと連携し、工場固有の計画策定方法をシステムに反映し半自動的にベストな計画に近づけるのがOpcenterです。計画案によってどのような影響が出るかについても迅速に可視化できます。ロックダウンや部品の供給不足により度重なる生産計画の見直しを迫られたコロナ禍でも、大いにその役割を果たしました。

      また、同じくシーメンス社が提供するプログラミング言語を最小限、あるいは、全く使わずにソフトウェアやアプリケーションを開発するためのローコードプラットフォーム「Mendix」もご紹介予定です。時間をかけて市場のパッケージシステムを探して検討するプロセスではなく、自社で必要な仕組みを即座に実現することが可能で、適用が急拡大しています。

      タイ市場をどう分析していますか

      私が赴任した7年前は、安価な労働市場特性ばかりに目が向けられ、ITを活用した生産現場の効率化に関心のあるお客様は少ない印象でした。しかし、ここ2年くらいでローカル企業含め、IT活用への関心が高まっているのを感じます。日系に加え、スピードの速いローカル市場への浸透が今後のカギとなるでしょう。

      そのためには、タイ市場の特性に合った提案も必要となります。企業活動は、日本を含め出身国にあるものをタイに移転・定着させようとします。ところが、単なるカーボンコピーだけではうまくいきません。タイに合った仕組み作りや、タイ人気質にマッチした制度設計が必要です。

      とはいえ、何から始めたら良いか悩まれている企業様も多いかと思います。この機会をぜひ、製造業DXの最新情報をキャッチアップする場としていただければ幸いです。

      i-reporter


      【お問い合わせ】 ISID South East Asia (Thailand) Co., Ltd.

      ISID South East Asia (Thailand) Co., Ltd.ロゴマーク

      担当:玉井
      TEL: +66-(0)99-447-7878
      E-MAIL: tamai@isidsea.com
      URL: https://www.isidsea.co.th/

      159/18 Serm-Mit Tower, No. 1110, 11th Floor, Sukhumvit 21 Road (Asoke), North Klongtoey, Khet Wattana Bangkok 10110 Thailand

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. 分岐点に立つベトナムの国民車メーカー・ビンファスト
            分岐点に立つベトナムの国民車メーカー・ビンファスト
          2. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          3. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          4. 中国NEV最大手BYDのタイ進出〜日系メーカーにとって黒船到来となるのか〜
            中国NEV最大手BYDのタイ進出〜日系メーカーにとって黒船到来となるのか〜
          5. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
          6. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          7. 外資規制の対象ではない事業「製造」
            外資規制の対象ではない事業「製造」
          8. 苦境が深まるVinFastの「一足跳び戦略」
            苦境が深まるVinFastの「一足跳び戦略」
          9. 【シンガポール】シンガポール、生活費が世界一=大衆車で1500万円、駐在員もつらいよ
            【シンガポール】シンガポール、生活費が世界一=大衆車で1500万円、駐在員もつらいよ

          広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

          広告枠、料金など詳しい情報は
          専用ページをご覧ください。

          広告掲載についてページを見る

          お電話でのお問い合わせ+66-(0)2-392-3288

          タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

          閉じる