当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

ICHI製造業DX特集-出展企業インタビュー

Sansan Global Pte. Ltd. | バックオフィスのデジタル変革をリード請求書の一元管理で業務効率を最大化

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      Bill Oneの説明図

      インボイス管理サービス「Bill One」や営業DXサービス「Sansan」を展開するSansan株式会社は、働き方を根本から変えるグローバルなDXサービス企業。海外拠点は、シンガポールのSansan Global Pte. Ltd.に加えて、昨年の11月にバンコク駐在員事務所が開設されている。タイでは未だ9割以上もの請求書が紙ベースでやり取りされており、政府も電子化に向けた取り組みを急ぐ中、同社の果たす役割が期待される。

      今回出展される「Bill One」について教えてください

      請求書を紙で受け取っている企業の割合は、シンガポールで5%、日本で20%、タイでは95%にも上ります。そんなタイも、歳入局が2018年に請求書と領収書の電子化対応「e-Tax invoice/receipt制度」を運用開始しており、さらにコロナ禍でデジタル技術を活用することへの抵抗感が薄れたことから、市場の将来性は非常に高いと考えています。

      Bill Oneは、紙の郵送、メール添付、アップロードなど、さまざまな方法・形式で届く請求書を全てSansan社が代理で受領し、データ化します。取引先のフォーマットを変えることなく、データの一元化が可能なため、顧客も経理担当者も煩雑な業務に忙殺されることもなく、また不正の介在余地もありません。

      DX推進の観点から、新機能も適時搭載予定です。その一つが、注文書と請求書のマッチング(照合)です。注文書のデータをBill Oneに取り込むだけで、Bill Oneに届いた請求書の内容が正しいかどうかを自動で確認。業務の自動化・効率化が一段と進むことが期待されます。

      「Sansan」についてはいかがですか

      属人性の強くあるタイ市場では、退職や異動などで担当者が入れ替わるたびに、どのような内容を誰が誰とやり取りしてきたのかが全くわからず、後任者が状況を把握するのに膨大な時間がかかってしまうケースが少なくありません。詳しく知っているのは前任者だけ。これらを打開するのがSansanのサービスです。

      単なる名刺管理にあらずというのが最大の特徴です。名刺情報に、いつ・どこで・どんな会話や情報のやり取りが行われたのかを紐付け、一元集約して組織内で共有化します。これらを通じて、営業現場だけでなく組織全体が必要な情報を瞬時に確認できるようになるため、DX化推進にも寄与することができます。また、現在世界62ヵ国にて利用いただいていますが、タイやシンガポールを中心に東南アジア複数ヵ国(複数拠点)を跨いでの利用希望企業様も増えてきています。

      タイ市場をどうみますか

      つい数年前までは周回遅れ感のあったタイのDXですが、コロナ禍におけるリモートワークの普及などで状況は一変しました。業務の効率化や省人化においてデジタル技術の果たす役割や可能性が見直され、関心も深まっています。

      興味深いのは、タイのお客様はせっかく投資するなら徹底的にデジタル化を進めたい、最大限の効果を得たいとリープフロッグ的にDXを進展させたい方が多いということです。日系に限らず、ローカル市場にも共通した特徴です。そのための投資であれば惜しまない、そんな空気さえ感じます。

      タイの展示会出展は初めてです。みなさんがどのようなことに関心を持ち、どのような悩みを抱えているのかに向き合っていきたいと思っています。

      請求書受領サービス日本国内マーケットシェアNo.1


      【お問い合わせ】 Sansan Global Pte. Ltd. (タイ駐在員事務所)

      ロゴマーク

      担当:千住
      E-MAIL: global-inquiry@sansan.com
      URL: https://global.bill-one.com/jp/

      2 Jasmine Building, 12th Floor, Soi Prasarnmitr (Sukhumvit23), Sukhumvit Road, North Klongtoey Sub-district, Wattana District, Bangkok 10110

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
            タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
          2. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
            なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
          3. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          4. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          5. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
            タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
          6. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          7. タイで注目の日系スタートアップ企業20社
            タイで注目の日系スタートアップ企業20社
          8. ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
            ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
          9. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド

          広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

          広告枠、料金など詳しい情報は
          専用ページをご覧ください。

          広告掲載についてページを見る

          お電話でのお問い合わせ+66-(0)2-392-3288

          タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

          閉じる