当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

​​ガンタトーンの「タイを知る」

タイに存在する二つの国 〜「バンコク国」と「地方国」

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      こんにちは、ガンタトーンです。私は、これまで数多くの日本人ビジネスパーソンと接してきた中で、共通した悩みや課題を抱えていることに気づきました。本コラムでは、タイの歴史や文化、社会構造から一般的なタイ人の価値観や人生観、仕事観を紐解き、日本人の皆様がタイでビジネスをより円滑に進めるためのヒントをお伝えしていきます。

      皆さんは、「タイには二つの国(バンコク国と地方国)がある」ということをご存知でしょうか。

      近代のタイを「経済型社会」と「農業型社会」に分けた時に、経済型社会(バンコク及び首都圏)で暮らすタイ人は人口のわずか20%。残りの大多数は農業型社会(地方)で暮らしています。この二つの社会の大きな違いは収入の回数です。経済型社会のタイ人は毎月ほぼ一定額、つまり給料で生活し、逆に農業型社会では、年に数回、1回あたり数十万〜数百万バーツというまとまった収入があります。農業型社会は千年以上の歴史があるのに対し、経済型社会は戦後のわずか70年ほど。

      日本のメディアは、“バンコク国”の話題しかニュースに取り上げません。なぜなら読者、つまり皆さんが知りたい情報が経済型社会の事柄だからです。多くの日本人は、GDP、人口、経済成長率、最低賃金でその国を判断しがちですが、それらのマクロの数字だけでは真の意味でタイを理解することはできません。タイは食料自給率が高く、幸せに暮らす人々がたくさんいます。実は、そこにタイの本当の姿を知るヒントがあるのです。

      寄稿者プロフィール
      • ガンタトーン プロフィール写真
      • Mediator CEO
        ガンタトーン・ワンナワス

         在日経験通算10年。埼玉大学工学部卒業後、在京タイ王国大使館工業部へ入館。タイ帰国後の2009年にMediatorを設立。政府機関や日系企業などのプロジェクトを多数手掛けるほか、在タイ日系企業の日本人・タイ人向けに異文化をテーマとしたセミナーを実施(延べ12,000人以上)。21年6月にタイ日プラットフォームTJRIを立ち上げた。
        http://www.mediator.co.th

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          2. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
            タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
          3. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          4. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
          5. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
            なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
          6. タイのEV充電ステーションの方向性
            タイのEV充電ステーションの方向性
          7. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
            タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
          8. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          9. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
            SMG(サイアム・モーターズ・グループ)

          閉じる