当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

【野村総合研究所】タイ、アセアンの自動車ビジネス新潮流を読む

モーターエキスポ2022にみる中国系BYDの躍進

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      バンコクモーターエキスポが11月30日から12月12日まで開催され、全体で前年比16.13%増の36,679台が販売された。今回注目されたのは、電気自動車の大幅な増大販売である。中でも、1ヵ月前にタイ市場に参入したばかりの中国最大NEVメーカー(新エネルギー車)、BYDの躍進について今回は著述したい。

      BYDの「トリプルワン」

      モーターエキスポの最終日に、BYDの展示ブースのスクリーンに、「ATTO3、1ヵ月12日間で10,305台販売」という表示が映し出された。BYDの関連ディーラー一同が集まり集合写真を撮った時の場面である。たった1モデルを1ヵ月で、1万台販売という意味での「トリプル・ワン」を達成したということになる。また、モーターエキスポ期間中の売り上げランキングではトヨタ、ホンダに続いてBYDが3位に。新興メーカーとしては1年ほど前に先に進出した中国系メーカーGWM(長城汽車)を上回る快挙である。

      2022年10月号の拙稿で指摘したように、中国最大のNEVメーカーの「黒船の到来」の予兆を感じさせる展示会デビューであった。逆に、これまでタイでのEV販売でトップを快走していたGWMは大きく伸びず、早々にBYDに国内EV首位の座を譲ることになることが予想される。

      タイのユーザーが重視する購入要因

      タイ人の「新しい物好き」を反映しただけなのか、実力を伴ったものなのかを確認したく、今回モーターショーで発売されたATTO3を購入したユーザーに直接インタビューを行った。面談したユーザーは30代前半、独身男性、ラヨーン県の工場に勤務するマネージャー。若年層のネット世代、テクノロジー好きという典型的なEVユーザー像に当てはまる。図表1に回答内容を引用する。

      BYDのEV新規購入ユーザーのインタビュー結果

      回答はあくまでも一名のユーザーから聞いた話なので、そのまま一般化はできないが、タイのユーザーは価格、グラウンドクリアランスの高さ、バッテリーの信頼性、航続距離を重視。また、10月号の拙稿でも指摘したが、BYDはバッテリーなどの基幹部品を内製しており、サプライチェーンの強靭性が販売拡大につながっていることを確認できる。

      テスラは1日で4,000台受注

      2022年のモーターエキスポの上位ブランドの販売台数(11月30日〜12月12日)

      主要モデルの販売価格(タイ)

      世界最大のBEVメーカーであるTeslaも負けていない。12月7日に正式ディストリビューターがタイでモデル3とモデルYの販売を開始し、わずか一日で4,000台以上予約をオンラインで受け付けた。主な販売購入理由は、テスラに対するブランド信仰に加えて、これまでグレーマーケットで入ってきていたために新車価格が200万バーツ(モデル3の場合)と大幅に下がったことが大きい。

      他方、日系メーカーは今回のモーターエキスポでトヨタの「bZ4X」の本格販売やホンダの「SUV e:プロトタイプ」の展示など、EVの商品の投入に本腰を入れ始めた。ただし、日系とほぼ同じ値段のテスラ、100万バーツ以下の中国系、200万バーツ以上の欧州系との競争・差別化をどう図るのかが試される。

      中国NEV最大手BYDのタイ進出〜日系メーカーにとって黒船到来となるのか〜

      寄稿者プロフィール
      • 田口 孝紀 プロフィール写真
      • 野村総合研究所タイ
        マネージング・ダイレクター田口 孝紀

      • 山本 肇 プロフィール写真
      • 野村総合研究所タイ
        シニアマネージャー 山本 肇

      • 野村総合研究所タイロゴマーク
      • TEL : 02-611-2951

        URL : www.nri.co.jp

        399, Interchange 21, Unit 23-04, 23F, Sukhumvit Rd., Klongtoey Nua, Wattana, Bangkok 10110

      《業務内容》
      経営・事業戦略コンサルティング、市場・規制調査、情報システム(IT)コンサルティング、産業向けITシステム(ソフトウェアパッケージ)の販売・運用、金融・証券ソリューション

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
            タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
          2. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          3. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          4. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
            なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
          5. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
          6. TCCグループ
            TCCグループ
          7. SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
            SMG(サイアム・モーターズ・グループ)
          8. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          9. タイのEV充電ステーションの方向性
            タイのEV充電ステーションの方向性

          閉じる