当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

【野村総合研究所】タイ、アセアンの自動車ビジネス新潮流を読む

モーターエキスポ2022にみる中国系BYDの躍進

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    入力いただいたメールアドレス宛に、次回配信分からArayZ定期ニュースレターを自動でお送りいたします(解除可能)。個人情報の取り扱いについてはこちら

    バンコクモーターエキスポが11月30日から12月12日まで開催され、全体で前年比16.13%増の36,679台が販売された。今回注目されたのは、電気自動車の大幅な増大販売である。中でも、1ヵ月前にタイ市場に参入したばかりの中国最大NEVメーカー(新エネルギー車)、BYDの躍進について今回は著述したい。

    BYDの「トリプルワン」

    モーターエキスポの最終日に、BYDの展示ブースのスクリーンに、「ATTO3、1ヵ月12日間で10,305台販売」という表示が映し出された。BYDの関連ディーラー一同が集まり集合写真を撮った時の場面である。たった1モデルを1ヵ月で、1万台販売という意味での「トリプル・ワン」を達成したということになる。また、モーターエキスポ期間中の売り上げランキングではトヨタ、ホンダに続いてBYDが3位に。新興メーカーとしては1年ほど前に先に進出した中国系メーカーGWM(長城汽車)を上回る快挙である。

    2022年10月号の拙稿で指摘したように、中国最大のNEVメーカーの「黒船の到来」の予兆を感じさせる展示会デビューであった。逆に、これまでタイでのEV販売でトップを快走していたGWMは大きく伸びず、早々にBYDに国内EV首位の座を譲ることになることが予想される。

    タイのユーザーが重視する購入要因

    タイ人の「新しい物好き」を反映しただけなのか、実力を伴ったものなのかを確認したく、今回モーターショーで発売されたATTO3を購入したユーザーに直接インタビューを行った。面談したユーザーは30代前半、独身男性、ラヨーン県の工場に勤務するマネージャー。若年層のネット世代、テクノロジー好きという典型的なEVユーザー像に当てはまる。図表1に回答内容を引用する。

    BYDのEV新規購入ユーザーのインタビュー結果

    回答はあくまでも一名のユーザーから聞いた話なので、そのまま一般化はできないが、タイのユーザーは価格、グラウンドクリアランスの高さ、バッテリーの信頼性、航続距離を重視。また、10月号の拙稿でも指摘したが、BYDはバッテリーなどの基幹部品を内製しており、サプライチェーンの強靭性が販売拡大につながっていることを確認できる。

    テスラは1日で4,000台受注

    2022年のモーターエキスポの上位ブランドの販売台数(11月30日〜12月12日)

    主要モデルの販売価格(タイ)

    世界最大のBEVメーカーであるTeslaも負けていない。12月7日に正式ディストリビューターがタイでモデル3とモデルYの販売を開始し、わずか一日で4,000台以上予約をオンラインで受け付けた。主な販売購入理由は、テスラに対するブランド信仰に加えて、これまでグレーマーケットで入ってきていたために新車価格が200万バーツ(モデル3の場合)と大幅に下がったことが大きい。

    他方、日系メーカーは今回のモーターエキスポでトヨタの「bZ4X」の本格販売やホンダの「SUV e:プロトタイプ」の展示など、EVの商品の投入に本腰を入れ始めた。ただし、日系とほぼ同じ値段のテスラ、100万バーツ以下の中国系、200万バーツ以上の欧州系との競争・差別化をどう図るのかが試される。

    中国NEV最大手BYDのタイ進出〜日系メーカーにとって黒船到来となるのか〜

    寄稿者プロフィール
    • 田口 孝紀 プロフィール写真
    • 野村総合研究所タイ
      マネージング・ダイレクター田口 孝紀

    • 山本 肇 プロフィール写真
    • 野村総合研究所タイ
      シニアマネージャー 山本 肇

    • 野村総合研究所タイロゴマーク
    • TEL : 02-611-2951

      URL : www.nri.co.jp

      399, Interchange 21, Unit 23-04, 23F, Sukhumvit Rd., Klongtoey Nua, Wattana, Bangkok 10110

    《業務内容》
    経営・事業戦略コンサルティング、市場・規制調査、情報システム(IT)コンサルティング、産業向けITシステム(ソフトウェアパッケージ)の販売・運用、金融・証券ソリューション

    • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
      PDFのリンクを送信いたします。

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

      入力いただいたメールアドレス宛に、次回配信分からArayZ定期ニュースレターを自動でお送りいたします(解除可能)。個人情報の取り扱いについてはこちら

      人気記事

      1. タイのBOIの新たな投資奨励措置について
        タイのBOIの新たな投資奨励措置について
      2. タイ財閥最新動向-変貌を遂げるアジアのコングロマリット
        タイ財閥最新動向-変貌を遂げるアジアのコングロマリット
      3. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
        Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
      4. 「経営学の可能性」セミナー【価値共創経営 〜理論と実際〜】セミナーレポートPHOTO
        「経営学の可能性」セミナー【価値共創経営 〜理論と実際〜】セミナーレポートPHOTO
      5. モーターエキスポ2022にみる中国系BYDの躍進
        モーターエキスポ2022にみる中国系BYDの躍進
      6. タイで始める投資信託
        タイで始める投資信託
      7. 競争から協調・協働、そして価値共創へ
        競争から協調・協働、そして価値共創へ
      8. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
        タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
      9. タイの新たな電気自動車(EV)奨励策
        タイの新たな電気自動車(EV)奨励策

      広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

      広告枠、料金など詳しい情報は
      専用ページをご覧ください。

      広告掲載についてページを見る

      お電話でのお問い合わせ+66-2651-5655

      タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

      閉じる