当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

中小企業社長兼経営コンサルによる、現場発-経営論

瞑想はビジネスパーソンに有用か?

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      Q:ビジネスパーソンにも瞑想が効果的と聞きました。 どのような効果があるか教えて下さい。

      瞑想は、心と体の統合に焦点を当て、心を静め、健康を増進させるための実践技法です※1。

      座って行ったり、ヨガのように様々な体位をとったり、声を用いたりと、その方法や目的も千差万別で、瞑想とは何かを具体的に定義することは難しいです※2。

      広く瞑想といった場合、ビジネスパーソンに有用であるということがしばしば議論されており※3、有名どころでは、ビル・ゲイツが瞑想をしているということが知られています※4。

      かく言う私も瞑想を習慣にしており、仕事においてその有用性を感じます。以下に、その中でも特に感じる3つの効果を共有します。

      ① 問題と自分を分離できる

      瞑想をすることで、自分の世界に入り、心が落ち着きます。その結果、目の前の問題や引き起こされる感情も、最終的には自分自身ではなく、外部の要因であることに気づけます。「この問題でイライラしている!」という感情ではなく、「『この問題でイライラしている!』という自分がいる。」と、自分自身ではなく、自分自身の外にある話だという認識が生まれるのです。

      ② 問題に対して客観的になれる

      問題が外部の要因であると気づくと、客観的に問題を見ることができます。客観的な視点から見ることで、冷静に問題を分析しやすくなります。それはまるで友人の相談に乗っているかのような感覚です。

      ③ 意思決定の質が向上する

      問題を冷静に分析できるようになると、初めて気づく選択肢や解決策が見えてきます。冷静かつ、広範な選択肢から選べるため、意思決定の質が向上します。タイは仏教国であるため、瞑想を体験できる機会があちらこちらにあります※5。

      瞑想自体は必ずしも宗教と直結するものではなく、特定の宗教を信仰していなくても取り組むことができます。そして、ビジネスの成功と直結するかどうかは別にしても、心が安定した状態で生活したほうが良いことは言うまでもないでしょう。

      本稿が皆さんのビジネス、そして生活の参考になれば幸いです。

      ※1 「統合医療」に係る 情報発信等推進事業』 海外の情報 『瞑想』、厚生労働省(2023) https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c02/07.html

      ※2 Engström, M., Willander, J., & Simon, R. (2022). A review of the methodology, taxonomy, and definitions in recent fMRI research on meditation. Mindfulness, 13(3), 541-555.

      ※3 Seppälä, E. (2017). How meditation benefits CEOs. Harvard business review.

      ※4 10 Leaders Who Meditate and Why You Should Follow Their Example, Flow (2022) https://www.flow.is/post/leaders-who-meditate

      ※5 例としてワットマハタート。体験記としてhttps://thai-pedia.com/bangkok-meiso/ 


      弊社では、タイ会計基準の日本語訳を出版し、解説のための寄稿やセミナーの実施を行っています。また、いくつかタイ会計基準の日本語解説資料も存在します。
      ・2021年4月号 タイ会計・税務・法務特集
      寄稿者プロフィール
      • 倉地 準之輔 プロフィール写真
      • 倉地 準之輔

        日本で大手監査法人、外資系企業勤務を経て、2013年来タイ。外資系会計事務所のジャパンデスクにて日系企業向けコンサルティング業務に従事した後、15年10月にBizWings (Thailand) Co., Ltd.を設立。経営コンサルティング業務を提供し、現在に至る。公益財団法人東京都中小企業振興公社タイ事務所経営相談員。ジェトロ中小企業海外展開現地支援プラットフォーム・コーディネーター。公認会計士(日本)。東京大学経済学部経営学科、米ケロッグ経営大学院卒業(MBA)。

      「2024年の見通しに関する話がしたい」と思ったらBizWingsにどうぞ。

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
            タイ自動車市場〜潮目が変わった2023年と日系メーカーの挽回策〜
          2. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          3. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          4. なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
            なぜタイ人は日系企業を辞めるのか?
          5. タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
            タイ駐在中の生活で困ることとは?解決策もご紹介
          6. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
          7. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          8. タイのEV充電ステーションの方向性
            タイのEV充電ステーションの方向性
          9. ASEAN自動車市場・タイ電動車動向
            ASEAN自動車市場・タイ電動車動向

          広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

          広告枠、料金など詳しい情報は
          専用ページをご覧ください。

          広告掲載についてページを見る

          お電話でのお問い合わせ+66-(0)2-392-3288

          タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

          閉じる