当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。 詳細はクッキーポリシーをご覧ください
また、サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。

タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌アレイズ

ArayZロゴマーク

ビジネスにも活かせる風水学

シンガポールの住宅事情と風水:玄関ドアの重要性

  • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

    メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
    PDFのリンクを送信いたします。

メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

    ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

      2022年の統計によると、シンガポール国民の約8割(77.9%)が、住宅開発庁が建設した公営集合住宅(HDB)に住んでいます。民間マンション(通称:コンドミニアム)には国民の17%が、土地付き住宅には国民の4.9%が住んでいます。1,500平米以上の土地付き一戸建て住宅は、シンガポール国内に2,500件のみ存在するそうです。

      私の長年のお客様の、とあるご夫妻のご自宅はこの2,500軒の中の1軒で、閑静な住宅街であるブキティマにあり、ご近所には多くの著名人の邸宅があります。

      以前、ご夫妻はコンドミニアムに住んでいました。1997年のアジア金融危機、2008年のリーマンショック、そして今回のコロナに対して風水の力で乗り越えたと信じているご夫妻の強い要望で、ご自宅の玄関ドアの工事のため6月に3回シンガポールを訪れました。

      1回目の6月13日は、既存のドアの取り壊し工事と工事業者との最終打ち合わせに、2回目の6月19日は、新しいドア枠の取り付け工事に、そして3回目の6月27日は新しいドアの取り付け工事に立ち会いました。オーダーメイドの玄関ドアは、細心の注意を払って作られ、素晴らしい出来栄えでした。

      玄関ドアは、風水において最も重要な要素です。ドアの寸法、色、デザイン、取り付け位置と角度、そして取り付け日によって、住人の運命が決まると言っても過言ではありません。特に、新しいドアの取り付け日と使用開始日が最も重視されます。玄関工事においては、風水暦で「安門」と記載されている日が最適な日とされます。6月には、この「安門」の日が4回(13日(火)、18日(日)、19日(月)、27日(火))ありました。

      今回の工事会社の社長や工事管理責任者、下請け業者の社長たちも、自社や自宅の内装工事をする際は必ず風水鑑定を受けてから工事を開始するとおっしゃっていました。華僑にとって玄関ドアはそれだけ重要視するポイントなのです。

      寄稿者プロフィール
      • 鶴田 雅子 プロフィール写真
      • ビジネスコンサルティング会社
        SSF CONSULTATION LTD代表
        鶴田 雅子

        ボーンマス&プールカレッジ(英国)で、高等国家ディプロマを取得後、レイヴェンズボーン大学(英国)在学中に風水大師“葉清海”に風水の才能を認められ内弟子となる。2004年、クアラルンプール・YCH Academyの専属講師に任命。2009年、チュラロンコーン大学教育学部で博士号を取得。翌年に中国風水発祥の地として名高い中国江西省贛州市で開催された『第一回世界風水文化大会』に日本代表として出席し、新聞、テレビ、ラジオ等で大々的に報道される。
        E-mail:sai@ssfconsultation.com
        URL:http://www.ssfconsultation.com

      • この記事の掲載号をPDFでダウンロード

        メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。
        PDFのリンクを送信いたします。

      メールアドレスを入力後、ダウンロードボタンをクリックください。PDFのリンクを送信いたします。

        ダウンロードができない場合は、お手数ですが arayz-info@mediator.co.th までご連絡ください。

          人気記事

          1. 分岐点に立つベトナムの国民車メーカー・ビンファスト
            分岐点に立つベトナムの国民車メーカー・ビンファスト
          2. ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
            ASEAN-EV市場の今〜タイ・インドネシアEV振興策および主要自動車メーカーの戦略〜
          3. Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
            Dear Life Corporation CEO 安藤 功一郎
          4. 中国NEV最大手BYDのタイ進出〜日系メーカーにとって黒船到来となるのか〜
            中国NEV最大手BYDのタイ進出〜日系メーカーにとって黒船到来となるのか〜
          5. 2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
            2023年のASEANの自動車市場の見通しと注目されるトレンド
          6. タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
            タイ国外への支払いにかかる源泉所得税・前編
          7. 外資規制の対象ではない事業「製造」
            外資規制の対象ではない事業「製造」
          8. 苦境が深まるVinFastの「一足跳び戦略」
            苦境が深まるVinFastの「一足跳び戦略」
          9. 【シンガポール】シンガポール、生活費が世界一=大衆車で1500万円、駐在員もつらいよ
            【シンガポール】シンガポール、生活費が世界一=大衆車で1500万円、駐在員もつらいよ

          広告枠、料金など詳しい情報は
専用ページをご覧ください。

          広告枠、料金など詳しい情報は
          専用ページをご覧ください。

          広告掲載についてページを見る

          お電話でのお問い合わせ+66-(0)2-392-3288

          タイ・ASEANの今がわかるビジネス経済情報誌

          閉じる